室町幕府の成立〜南北朝時代

ブログ漫画

なぜ南北朝という複雑な状況が生まれた?

鎌倉幕府の滅亡までの流れ
鎌倉幕府の滅亡と建武の新政とは後醍醐天皇はどう動いたのか鎌倉幕府は、元弘3(1333)年に滅亡する。滅亡に追い込んだ主役は、後醍醐天皇である。彩葉歴代天皇のなかでは、異色中の異色、最も強烈なキャラクターを誇る天皇よ!笑...

建武新政は、後醍醐天皇のワンマン政治だったので、

多数の武士はたちまち不満を抱きはじめ、

新たなボスを求めはじめる。

その筆頭となったのが、

六波羅探題を滅ぼした足利尊氏(高氏からの改名)。

足利尊氏は武士たちの声に押されて、

反後醍醐天皇勢力の頭目となる。

足利尊氏がその立場を鮮明にするきっかけは、

建武2(1335)年に起きた中先代の乱である。

最後の執権だった北条高時の子・時行の起こした乱であり、

足利尊氏は天皇に討伐の許可と征夷大将軍への就任を求めた。

 

天皇はこれを拒否するが

それにもかかわらず尊氏は軍勢を進め、乱を鎮圧した。

これを境に、

足利尊氏 VS 後醍醐天皇の戦いが火蓋を切る。

足利尊氏と後醍醐天皇の戦い

足利軍はまず天皇側の新田義貞軍を

箱根竹の下の戦いで破る。

 

続いて京都に進軍、占拠するが

奥州から駆けつけた北畠顕家の軍勢に敗れて、

いったんは九州まで落ち延びる。

 

足利尊氏は九州で勢力を蓄えて西上し、

湊川の戦いで楠木正成軍を打ち破り、正成を自刃に追い込む。

 

足利軍の勢いに後醍醐天皇は降伏し、

三種の神器(日本神話において、天孫降臨の時に、瓊瓊杵尊が天照大神から授けられたという鏡・玉・剣)を手放すが、

隙をついて吉野(奈良県)に逃走。

そこを新たな根拠地とした。

 

とりあえずの勝者となった足利尊氏に必要だったのは、

自らの権威を保証してくれる新たな天皇だった。

 

尊氏は、持明院統の光明天皇を即位させ、

同時に建武式目を発表し、これにより室町幕府が事実上成立した。

尊氏は暦応元(1338)年に征夷大将軍に任じら れている。

南北朝時代の始まり

ただし、それは奇妙な時代の始まりでもあった。

京都には足利将軍家の擁立する天皇(北朝)

吉野には後醍醐天皇(南朝)がいる。

二人の天皇が並立して存在する

南北朝時代が始まったのだ。

その後、戦況はさらに複雑化していく。

足利側が二つに分かれたからだ。

それまで足利尊氏を支えていたのは、

弟の直義と執事の高師直(こうのもろなお)である。

 

直義は保守的な統治者であり、

師直は下克上的な武将だった。

 

その二人が対立し、やがて尊氏と直義の兄弟対立にも発展した。

 

足利三強はそれぞれが軍を率いて戦い、

自らを有利に導くためには、南朝とも同盟関係を結んだ。

 

結局、直義が高師直を殺害、その直義を兄・尊氏が毒殺し、

足利尊氏はなんとか権力を持ちこたえた。

その一連の戦いを観応の擾乱(かんのうのじょうらん)と呼ぶ。

彩葉
彩葉

歴史上最大の兄弟喧嘩と言われているわ

次の話
https://history-wisdom.net/manga/kitayama-cul/
ブログ漫画
スポンサーリンク
タザキをフォローする
サラリーマン副業のススメ