おすすめ

スポンサーリンク
人物

せこどんを倍楽しむ!スッキリ分かる西郷隆盛の生涯とは

大河ドラマせごどんが倍面白くなる。幼少期から、島津斉彬との出会い。そして、慕っていた斉彬の死をきっかけにした入水から、二度の島流しを経験する。禁門の変の活躍、江戸城無血開城にも貢献し、新政府でも重役を担う。最期の西南戦争までボリュームたっぷりの解説。
漫画

縄文〜弥生時代のクニができるまで

縄文時代には土器の発明、稲作の登場で、1万年続いた時代が大きく発展した。三内丸山遺跡が代表的な遺跡だ。弥生時代には、稲作が拡大し、ムラ、クニが出来上がる。それによって戦いが生まれ、吉野ヶ里遺跡のような環濠集落が出来上がった。
人物

西郷隆盛の名言から見る性格

『総じて人は己に克を以て成り、自ら愛するを以て敗るるぞ』と言う言葉は『南洲翁遺訓』と言う西郷隆盛の言行録の中の言葉です。彼は正しいことを行って入れば天が見ているという誠実な考えを持った男でした。それに対して、坂本龍馬と勝海舟も高く評価しています。
スポンサーリンク
仕事

男尊女卑からいつから?男女差別の歴史!

女性差別の時代から男女平等時代までの歴史とこれからの展望 tazaki こんにちは、tazakiです。 今となっては男女平等と言う概念が共通認識となっていますが、その男尊女卑の考えが世に広まった...
人物

吉田松蔭式!名言・姿勢・知行合一に学ぶ人材教育の3つのポイント

吉田松陰 日本史、いや世界史上、これほどまでに数多くの偉人を教育した人間はいないのではないでしょうか。たくさんの支持を集めた人間なら世界中にいるだろうが、 支持を集めて → 教育をして → 実際に歴史に名を残すほどの人材に育て上げる ...
仕事

働き方の時代変化と現代〜成長を前提とする時代の終わり〜

働き方の歴史について、①人口構造の変化について(女性と高齢者の活躍)、②仕事の生産性について(工場型ではなく3次産業向けの働き方)③仕事の選び方について(好きなことを仕事にすること)④社会のシステムについて(現代資本主義からの脱却)の4点から分析します
生活文化

なぜ京都にはお寺が多いのか?

京都にお寺が多いことは、誰もがご存知だと思います。しかし、なぜお寺が多いのかと聞かれれば、自信を持って答えられる人は少ないようです。理由は平安時代に、公家たちの間で、多くの寺が建てられたのがきっかけです。彼らは非常に宗教心が強く、寺という証を作りたがったのです。そして鎌倉時代の末法思想も、それを後押ししました。
仕事

日本の長時間労働はいつから?江戸、奈良の労働の歴史

長時間労働の国、日本。先進国の中でも労働生産性は下位であることはかなり知られてきています。一体いつからこんなにも効率性に差をつけられたのでしょうか?なんと江戸時代から、いわゆるサラリーマンや、丁稚の若者たちは過酷な長時間労働を強いられていたと考えられています。
生活文化

苗字にも残る藤原氏が日本の歴史に及ぼした大きな影響

藤原氏の影響力は現代にも残っている 日本の歴史において、特に平安時代には藤原氏の影響力は最も大きいものでした。その藤原氏について迫ります。 藤原を元とする苗字はかなり多い 日本の苗字ランキング(2016年9月時点)を見てみると、 ...
食文化

江戸煩いと玄米食・マクロビオティック

江戸時代では玄米食が基本でしたが、白米を食べ始めた江戸限定で脚気が流行り江戸煩いと呼ばれました。それは、玄米の栄養を削ぎ落とした白米を食べていたためと考えられます。その後、石塚左玄や桜沢如一たちが、玄米食を推奨するようになりました。
スポンサーリンク
Translate »
error:Content is protected !!