【独眼竜】伊達政宗は料理研究家でずんだ餅も発明?

人物

伊達政宗の料理へのこだわり

東北地方を席巻した戦国大名・伊達政宗は、実は料理が趣味でした。それもかなりの凝り性の性格ゆえに、料理への執着とこだわりは周囲を驚かせるほどでした。そんな彼はいくつかの料理の発明もしており、仙台名物のずんだ餅も彼の発明という説があります。

人一倍強かった料理へのこだわり

戦国時代の仙台のヒーロー、「独眼竜」こと伊達政宗の意外な趣味が、なんと料理でした。

兵糧の研究がきっかけ

もともとは兵糧の開発のために食材の研究を行っていましたが、戦国時代が終焉し、兵糧の必要性がなくなると、美食のために料理を研究するようになったと言われます。

政宗は料理について、「少しも料理心なきものはつたなき心なり。」と言う名言も残していて、「料理への心得が少しもない人は、心が貧しい者である」という意味です。当時の感覚がわからないですが、かなりの料理へのこだわりを持っていることが伺えますね。

それにしても、そういう人って、今も昔も全然たくさんいるのではないでしょうか。。。まあ、食べるための料理の力は、生きるための知恵・力、ということでしょうかね?

徳川秀忠の側近に激怒

江戸幕府の二代目将軍・徳川秀忠を接待した際には、政宗自らが作った料理を振る舞いました。秀忠の側近が毒味しようとすると、

「政宗ともあろう者の膳を毒味するとは何事ぞ!」

とものすごい剣幕で激怒し、徳川家の家臣を震え上がるせたと言います。料理に対するこだわりは相当なものですから、癇に障ったのでしょう。これは秀忠側のリサーチ不足ではないでしょうか。

集中するのはトイレの中で

また、伊達政宗は開発や様々な思考などをトイレで行っていたとされています。もともとトイレが好きだった政宗は、日 回、 1 〜 2 時間はトイレにこもっていたそうです。そこで朝夕の献立、政治判断、書状の執筆、書見なども行っていたと言われます。それにしてもトイレで献立まで考えるってどうなんでしょうか?(笑)一種の変態です。

戦でも、政治でも、柔軟な発想で周囲を驚かせた政宗は、元来凝り性だったので、狭いトイレの中で思想を巡らせる時間が大事な時間だったのかもしれません。そしてそんな凝り性の彼に、料理はぴったりの趣味だったのかもしれません。

ずんだ餅の発明も

仙台発祥の料理が多いのも政宗の影響と言われています。

かつて政宗が本拠地としていた岩出山の名物である「凍り豆腐」と「納豆」は、兵糧用に政宗が開発したものが改良されたものだと言うものは有名な話で、仙台名物のずんだ餅も政宗が開発したという説もあります。

人物
スポンサーリンク
タザキをフォローする
サラリーマン副業のススメ