東北地方の歴史!歴史から消された蝦夷(エミシ)はもののけ姫のモデルの土地だった

スポンサーリンク
戦争
この記事の所要時間: 132

東北地方の朝廷はもののけ姫のモデルの地になっていた

その昔、東北地方には、蝦夷(エミシ)と呼ばれる朝廷が存在していた。大和地方を中心とするヤマト朝廷に統一され、その存在は歴史から抹消されてしまっている。ジブリ映画『もののけ姫』に登場する主人公・アシタカの出身地でもある。

スポンサーリンク

蝦夷(エミシ)とは

蝦夷は、古代から中世の東北地方から北海道にかけて存在した朝廷である。大和朝廷の豪族たちを中心として統一国家となった大和朝廷が今の日本国家の祖先と言われているが、彼らに滅ぼされた国家である。

彼らは主に狩猟や採取で生活をしており、三内丸山遺跡などで分かるような高度な独自の文化も持っていた。

その後、大和朝廷に吸収された後は、一部は蝦夷(エゾ)、すなわちアイヌへ繋がったのではないかと考えられている。

日本書紀にも登場

『日本書記』にも蝦夷の名前は登場しています。「毛皮を着ていて肉を食す野蛮な民族」と書かれていたようです。大和朝廷への帰属を拒み続けた彼らは、中央政府から異端児扱いされ、差別の対象になっていました。

アテルイとは

アテルイは、平安時代初期頃の蝦夷の軍事指導者です。7 世紀頃には頻繁に大和政権と争い、『巣伏(すぶし)の戦い』では、アテルイの活躍により、遠征軍を敗走に至らしめました。

大和朝廷に統一される

その後、征夷大将軍・坂上田村麻呂らによって、蝦夷は征服されてしまいます。12 世紀には、完全に独立性を失い、日本の中央政権国家に組み込まれてしまいます。

もののけ姫のアシタカの出身地だった

宮崎駿監督のアニメ『もののけ姫』の主人公・アシタカの故郷は、エミシの村と言われています。滅ぼされた独立国家、蝦夷が彼の村のモデルだと考えると、また違った見方で作品も観られそうですね。

Translate »
error:Content is protected !!