北辺探査と蘭学隆盛の時代

ブログ漫画

間宮林蔵の北方探査

https://history-wisdom.net/manga/kansei-tanuma/

金権主義を批判された田沼意次だが、

彼の政策は、その後の日本の領土問題に大きな影響をおよぼしている。

田沼が、蝦夷地を開拓する構想を抱き、北辺探査に力を入れたからだ。

tazaki
tazaki

北方領土は重要な問題。

田沼意次が目をつけた北方探検の歴史

田沼の目を北方に向かわせたのは

仙台藩の医師・工藤平助が著した『赤蝦夷風説考』 という書物だった。

 

北方探検で活躍した人物たち

工藤平助はこの鎖国下の時代に、長崎のオランダ人と交友のある

蘭学者などから入ってくるロシアの情報をまとめ、

老中・田沼意次に提出、江戸期の海防論の先駆者となった。

 

この工藤平助から蘭学の知識、国防論の刺激を受け兄事し『海国兵談』を著したのが林子平だ。

 

同書では、赤蝦夷(ロシア)との交易や蝦夷地の可能性が説かれ、

その主張に触発された田沼は、最上徳内らを蝦夷地に派遣する。

彩葉
彩葉

江戸時代は樺太、千島列島を含む北海道の辺りを蝦夷地(えぞち)を呼んでいたんですね。

 

最上は千島までを踏破、最上の後継者、近藤重蔵も探査に活躍し、

その流れは間宮林蔵に受け継がれる。

樺太の発見

間宮は、樺太から海峡を渡って沿海州に達する。

そのさい、間宮は樺太が島であることを確認したが、

それはロシアすら知らない地理的発見だったので、

後世、樺太と沿海州間の海峡には間宮海峡という名がついた。

 

なお、その間宮が測量を学んだ人物が、伊能忠敬である。

伊能は日本全国を測量し『大日本沿海輿地全図』を完成させている。

 

田沼時代の蘭学の発展

また、田沼の時代は、蘭学が興隆した時代でもあった。

すでに、徳川吉宗の時代に蘭学は導入されはじめていたが、

田沼の時代に開花、隆盛期を迎える。

 

医者の前野良沢と杉田玄白は、解剖書『ターヘル=アナトミア』を辞書抜きで翻訳し、

『解体新書』として出版した。

tazaki
tazaki

これは有名だよね。それまでの医学書よりも大幅にリアルにバージョンアップ!

杉田玄白
杉田玄白

苦労して書きました。

それが一つの突破口となって、蘭学は日本人にとって比較的学びやすい学問になる。

以後、西洋の学問・文化が蘭学を通じて、知識人には知られるようになる。

tazaki
tazaki

だんだん学問が発達してゆくのか〜!!

蘭学塾も生まれ、大坂では緒方洪庵が適塾を開く。

後に緒方門下から、福沢諭吉、大村益次郎ら、

幕末・明治維新に活躍する者が現れてくる。

 

次の話
江戸文化の集大成「化政文化」とは?
江戸の文化の完成形「化政文化」十九世紀の前半、文化・文政年間の文化は「化政文化」と総称される。それは、江戸文化の集大成ともいえる。武士の時代として始まった江戸時代だが、町人たちは大衆文化を生み出し、文化面では主導権を握っていた。19世紀の江
ブログ漫画
スポンサーリンク
タザキをフォローする
歴史HACK