幕末

スポンサーリンク
漫画

5分で復習する幕末前夜

幕末前夜からの出来事まとめ 彩葉 私みたいな歴女が流行ったり、ゲームや漫画でも歴史の人気は健在ですが、歴史のファンの中で多いので「幕末ファン」ですね。 tazaki 歴...
人物

瀕死の勝海舟を救ったのはイかれた父・小吉の看病だった!

勝海舟は大の犬嫌い!その原因は子供時代のある事件 実は暴れん坊だった?勝小吉の子供時代年表 勝海舟 私の父はとても、変わったオヤジでした。 ブッとんでいるとか、よく言われていました。 その父・小吉の...
人物

坂本龍馬は日本初の貿易商社(亀山社中)の社長だった

坂本龍馬の作った亀山社中(のちの海援隊)は、日本初の株式会社であり初の貿易商社と言われている。つまり坂本龍馬が日本初の株式会社社長とも言える。亀山社中は、商社の「表の顔」と倒幕組織という「裏の顔」を併せ持った組織だ。その活躍に迫る。
スポンサーリンク
人物

せこどんを倍楽しむ!スッキリ分かる西郷隆盛の生涯とは

大河ドラマせごどんが倍面白くなる。幼少期から、島津斉彬との出会い。そして、慕っていた斉彬の死をきっかけにした入水から、二度の島流しを経験する。禁門の変の活躍、江戸城無血開城にも貢献し、新政府でも重役を担う。最期の西南戦争までボリュームたっぷりの解説。
人物

高野長英の性格が分かる言葉

秀才・高野長英の考え方が分かる言葉 高野長英とは、幕末の超秀才の蘭学者でした。開国して日本も外国に学ぶべき、という思いで書いた書が幕府に弾圧され獄に入れられるなど厳しい人生でした。しかし、脱獄してまで開国を伝えた彼の行動と言葉から、本当の...
人物

大久保利通の言葉から見る性格とは

大久保利通といえば、西郷隆盛とともに倒幕運動に邁進し、薩長同盟を実現した「維新の三傑」の一人でもある優秀な人間です。彼の名言からは実務能力が噂通りに高かったことが想像できます。それだけでなく人間味のある男でもありました。西郷が亡くなった後、本当に正しい彼の伝記を重野安繹に書かせようとしたのが、大久保なのです。
仕事

高杉晋作創設の奇兵隊の末路とは

奇兵隊の悲惨な末路とは 幕末に長州に現れた革新的な軍隊「奇兵隊」。しかし、維新後は多くの隊員が職を失い反乱を起こすも、悲惨な最後を迎えました。創設者の高杉晋作がすでに死んでいたことも大きな理由だと思います。 奇兵隊とは 1863年、長...
人物

土佐藩脱藩後の中岡慎太郎は長州藩のスパイ役

中岡新太郎は長州のために奔走しまくっていた 土佐藩を脱藩した中岡慎太郎は、あらゆる場所で情報収集をして走り回っていました。それもそのはず、脱藩志士を受け入れてくれる長州藩にはモノを言える立場ではありません。それだけ、脱藩というのは覚悟のい...
人物

【坂本龍馬】幼少期のオネショは大器晩成の証

坂本龍馬は 10 歳までオネショをしていた 坂本龍馬といえば、幕末のヒーローとして絶大な人気を誇っている、言わずと知れた志士です。歴史に詳しい方なら、幼少期は落ちこぼれでオネショも10歳頃までいていたという逸話もご存知ではないでしょうか?...
人物

【鎖国解禁】ペリー提督に学ぶ外交術とは?

鎖国が解かれたのはペリーのプレゼント攻撃 「ペリー来航→開国」の流れは、教科書で普通に習っているで当たり前の知識になっています。しかし、当時、鉄壁だった鎖国が簡単に破られるというのは、とんでもない天変地異なんです。実はそこには、ペリー提督...
スポンサーリンク
Translate »
error:Content is protected !!