実は苦労人だった!リンカーン大統領がヒゲを生やした理由

人物

アメリカ史上1番人気の大統領・リンカーン

リンカーン大統領と言えば、あなたも名前は聞いたことがありますよね。

ゲティスバーグ演説

『人民のための人民による人民のための政治』と言う名言を聞いたことがあるのではないだろうか。この有名な演説は、「ゲティスバーグ演説」と呼ばれています。

この写真の像は、ワシントンD.C にある【リンカーン記念館】の像です。

第16代合衆国大統領エイブラハム・リンカーンは、アメリカ南北戦争時に活躍し、奴隷制を終わらせた偉大な人物として、記念館が作られました。

中部には、有名なゲティスバーグ演説と、第二期大統領就任演説の言葉が刻まれています。

歴史的に重要な意味合いを持つため、1963 年のキング牧師による「I have a dream」の演説もここで行われました。この地には、平和と歴史と戦った歴史が残されています。

順風満帆とは程遠い人生

しかし彼は、ずっとエリート街道を歩んできたような人間ではなく、不器用に泥臭くのし上がってきた人物であることをあなたはご存知でしょうか?

実は大統領選を迎えるまでの選挙は、負け続けの人生だったからです。

丸太小屋で生まれ育った彼は幼い頃に母親はなくし、20 代の頃には、商売でも二度の失敗。さらに恋人も亡くしています。

30 代でも、 40 代でも、不運なことが続く人生でした。。。

選挙に負け続けていた理由の つには、長年の苦労がでているような顔にシワにもあったのではないかと言われます。

しかしリンカーンは選挙中に、ある 11 歳の少女から手紙をもらいます。手紙には

「ヒゲを生やしたほうがかっこいい。」

ということが書いてありました。それを読んだリンカーンは本当にヒゲを生やし、 52 歳で見事、第 16 代アメリカ合衆国大統領に就任したのです。

しかし当選を果たした1番の理由はヒゲではなく、やはり彼が誠実だったからです。

国民のことを心から考え続けた愚直な生き方が、国民の心を得たのではないでしょうか。ヒゲの力は、ほんの少しのイメージアップ?にはなったかもかもしれません。

良いものが伝わるのには時間がかかる

自然の摂理として.

良いものが伝わるのには時間がかかり、悪いものが伝わるのは時間がかからないと言われますが、彼の本心と良心がきちんと伝わるまでには、長い年月を要したのだと思います。

まだリンカーンはこんなことも言っています。

「ごく1部の人だけを長期間にわたって騙すことができる。全ての人を短期間だけ騙すことができる。しかしすべての人々をずっと騙し続けることはできない。」

この言葉から、リンカーンの誠実さが伺えます。

あなたの組織にはリンカーンの様なリーダーはいるか

この世界って、ある意味、至る所に「騙し騙し」が存在していると思ったことはありませんか?僕はしょっちゅうですね。一番は会社です。

上に立つ人間は大金と、社会的なキャリア、地位、安定性、それらを全て得ながら、下で働く者たちを「騙しながら」生活をしています。全ての会社がそうではないかもしれませんが。

下で働く者たちだって、自分自身を「騙し騙し」生活し、何も疑問を持たないように、忙しくして考えることを放棄し、学ぶことを放棄し、日々を受け身で過ごすことで最低限の無難な地位だけを保証される生活です。

そして、長くなればなるほど、もうそこから、抜け出せないサイクルに入っていきます。

リンカーンの言葉を思い出してください。

「ごく1部の人だけを長期間にわたって騙すことができる。全ての人を短期間だけ騙すことができる。しかしすべての人々をずっと騙し続けることはできない。」

アメリカ全体が相手ですから、騙し騙しなんて不可能でしょう。彼はとことんまで誠実であったのだと思います。

人物
スポンサーリンク
タザキをフォローする
サラリーマン副業のススメ