2017-01

スポンサーリンク
食文化

江戸煩いと玄米食・マクロビオティック

江戸時代では玄米食が基本でしたが、白米を食べ始めた江戸限定で脚気が流行り江戸煩いと呼ばれました。それは、玄米の栄養を削ぎ落とした白米を食べていたためと考えられます。その後、石塚左玄や桜沢如一たちが、玄米食を推奨するようになりました。
仕事

武士の労働環境(給料、失業、転職、派遣)のまとめ

武士は幕府や大名、藩から、家禄や職録をもらうサラリーマンのような給料体系でした。大量の失業(改易や転封)を生み出した関ヶ原の戦いの詳細、武士の転職(学者や役人、起業家も)や派遣業(口入れ、けんあい、他人宿など)までまとめて解説しています。
戦争

忍者に関する仕事、役割、活躍のまとめ

「上忍」「中忍」「下忍」という階級があり、大名などと契約を交わして戦の諜報部員、つまりスパイ役をしていました。服部半蔵や石川五右衛門と言った有名な忍者も、情報収集、変装などの仕事のプロでした。忍者は、桶狭間の戦いや、伊達郡が勝利した人取橋の戦いでも活躍しました。
スポンサーリンク
Translate »
error:Content is protected !!