2019年に会社員にできる資産運用やお金の諸々9選

先日、思いつきでこんなツイートをしました。

この時はざっと書いたんですが、改めて考えると、

  1. ふるさと納税
  2. iDeCo
  3. NISA
  4. 格安スマホ
  5. 医療費控除の申請(年間10万以上のとき)
  6. ポイント投資(投資信託)
  7. キャッシュレス生活
  8. (ネット銀行)
  9. (副業)

1〜7は、やったほうが絶対お得だと思うもの、8、9は、個人的に激しく推奨するものです。よほどの理由がない限り、やった方がお得だと思います。むしろ、機会損失を産んでいると思います。

しかし、内容もよく知っていてあえてやっていない場合は例外ですが、これらは現代のサラリーマンはだいたいやっておいて損はないと思います。

ふるさと納税

まずはふるさと納税。例年、年末の駆け込みで盛り上がる。僕も昨年初めて利用しました。

しかし、さとふるを使ったのですが、今思えば、楽天市場で買っておけばよかったと後悔。今年は楽天で買うぞ。

ふるさと納税に関する詳しいことはこちら

先日、ニュースがありました。

総務省、ふるさと納税で自治体に“踏み絵”

https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00002/032900204/


ふるさと納税と言いつつ、アマゾンギフト券を配る自治体が出たので、その辺りを取り締まる踏み絵。

iDeCo

個人型確定拠出年金(iDeCo)は、掛金を自分自身で運用しながら積み立てて原則60歳以降に受け取るしくみです。 掛金は毎月5,000円から1,000円単位で選ぶことができ、国民年金の被保険者種別、及び他の企業年金の加入状況により、掛金額の上限が異なります。 運用できる商品は、「投資信託」や「定期預金」などです。

https://dc.rakuten-sec.co.jp/about/

iDeCo(確定拠出年金)は、色々なサイトでシミュレーションなどがあるので、どのくらい節税できるか調べてみるとどのくらい変わるかがわかります。

例えば、25歳、年収400万円、毎月の掛け金2.3万円だとすると、年間でおよそ4万円の節税、35年間で、150万円近くの節税になります。

メリットとしては、掛け金は税金から控除されるので、その分税金が安くなること。運用利益に税金がかからず受け取れる。

NISA

会社員で資産運用するなら、まずNISAじゃないすかね?僕も楽天証券でやっています。手数料が安いし、ポイントで投資できるので超オススメですよ。

年間120万円までの非課税投資可能枠、積立NISAなら年間40万円まであります。投資信託とか、自身がある方は株とか買うのがオススメ。僕は投資信託でいいです。

格安スマホ

今、スマホ代にいくら使っていますか?まさかまだ1万円とか使ってないですよね?

僕は、3000円代で使っています。

1万円稼ぐことと、1万円節約することは、同じ効果を持っています。

ぜひ、削れるところは削ってください。

医療費控除の申請(年間10万以上のとき)

医療費が何らかの理由で年間10万円かかった場合控除の対象となります。

確定申告する必要があるのがめんどくさいけど、医療費高い人は友人に手伝ってもらってでもやるべき。

ポイント投資

楽天スーパーポイントで投資できるので超オススメ。実質お金じゃないのに、お金として扱えるなんて、美味しすぎる特典。僕は年間4、5万円ペースで原資として投資して、利益を出せています。僕のブログやYouTubeを見ていればポイントの貯め方は色々乗っているので、

画像のように、ポイントを荒稼ぎしまくっていく方法がわかります。

ちなみに、TポイントもSBI証券で投資できるようになりました。最近Tポイントは勢いないけど、SBI証券持ってる人はぜひやってみてください。

キャシュレス生活

キャッシュレスも、増税のダメージを軽減するために、武器になります。

政府も、キャッシュレスなら2%税引いてくれるようにするほど、推し進めていますからね。

ネット銀行

詳しくはこちらなんですが

やはり一番は、金利が、ネット銀行と、地銀では全然違うんですよねえ。楽天、イオンの他にも、住信SBIネット銀行も評判いいです。

副業

語りきれませんが、興味ある人も多いのでは。

結論から言えば、資産化できて、在庫いらずで、費用もかからない副業がオススメです。つまり、ブログ、アフィリ、YouTubeです。詳しくは上の記事。

まとめ

  1. ふるさと納税
  2. iDeCo
  3. NISA
  4. 格安スマホ
  5. 医療費控除の申請(年間10万以上のとき)
  6. ポイント投資(投資信託)
  7. キャッシュレス生活
  8. (ネット銀行)
  9. (副業)

以上9つは、基本、やって損はないと思います。オススメです。

お金と経済コラム
スポンサーリンク
タザキをフォローする
サラリーマン副業のススメ