値上げした方が売れる?ヴェブレン効果と消費者心理

経済学

高い方がよく売れる?

 
例えば、自動車や時計。
私たちは同じ機能でも、あえて高いモノを選ぶことがある。
これが「ヴェブレン効果」。その理由のひとつが、人間の「見栄」である。

ヴェブレン効果とは


そもそもの由来は、アメリカの経済学者ソースティン・ヴェブレンの研究にある。
彼は有閑階級の消費の特徴は顕示的消費、
つまり、「お金持ちは見せびらかすために買い物をする」
とした。
こんな実験がある。ワインの値札を変えると、
満足度がどう変わるか、というもの。
実験では、ひとつのワインに別々の値札をつけ、
そうとは 知らせず愛好家に飲み比べてもらった。
その結果、同じワインであっても
高い値札をつけるだけで満足度がア ップする
という結果が出た。
「価格」そのものが、
消費者の満足度に影響を与えるのである。

高級ブランドの戦略にも活用できる


ヴェブレン効果は、現代社会でますます注目されている。
その理由は見栄だけでなく、
「安心感」にもある。
例えば、商品の情報も十分魅力的だろうと
安心感を覚えて買う。
「買い物で失敗したくない」
そんな消費者心理があえて高いモノを選ばせるのだ。
そうすすると
「とくかく値下げ、モノってのは安けりゃ売れる」
という考え方を持ち、
むしろ値下げをすれば、より売れなくなることもある。
モノ自体以外に価値を見出している………
つまり普段私たちは、
そのモノ自体を評価して買い物をしているとはいえないのだ。

経済学
スポンサーリンク
タザキをフォローする
サラリーマン副業のススメ

コメント