電話はマジで時間のレイプ

仕事

私の三大大嫌いなもののヒット1つを教えよう。

それは、電話である。

Twitter上でも電話=レイプというワードが広まりつつある

僕だけじゃない。もうすでに世の中的にも電話がいかに迷惑であるかが浸透してきている。まずは共感ツイートを紹介しよう

実際にあった恐ろしき電話

それでは、僕が実際に体験した電話をご紹介しよう。。。その内容がこれだ。

「あの資料郵送しといてくれない?」

「わかりました」

お分りいただけただろうか?

これだけ。これだけなのだ、 、、

これだけのためにわざわざ電話をしてきた、、、

本当に信じられない。恐ろしいと思わないか?

これだけの内容のために僕は、リズムが乗ってきていたweb関係の制作作業をストップして、別に1時間後に送ろうとも2時間後に送ろうとも結果が変わらない郵送の作業を事務的に頼まれたのだ。

恐ろしいだろう?頭がいっちゃっているか、よほど寂しいか、よほどの暇人なのだろう。

集中力が途切れる

電話をしてこられると、その時にしている作業を中断され、

考えていて思考も強制的にあの電子音によってリセットされてしまう。

なんて迷惑なツールだ。。。

はあちゅうさんも電話反対派

知人がネット上で電話のことを「時間のレイプ」と例えていましたが、私もこの考え方に賛成です。というのも、相手の都合で自分の時間を突然搾取される、そんな電話の乱暴さがとにかく苦手なんです。

 集中して原稿を書いているときや家族との団らん中に突然電話が鳴ると、それだけでテンションが下がり、親しくもない相手の都合に無理やり付き合わされた気になります。何の権利があって、私の時間に踏み込んでくるんでしょうか。

 家族と恋人とクロネコヤマトさん以外からの予告のない電話は不快です。最近はどこかから勝手に番号を手に入れていきなり電話してくる人もいますが、私にとって、突然の電話は、突然家に来られるのと同じくらいぶしつけに感じます

そうなんですよねー。電話はくそなんですよね。

だから本当であれば、僕は電話番号を解約して、iPhoneから電話機能を無くして使いたいと思っているんですよ。

まあそういう訳でね。そういう意識が広まって欲しいですね。

早くそういう時代になってくれることを祈ります。

仕事
スポンサーリンク
タザキをフォローする
サラリーマン副業のススメ