弥生時代

スポンサーリンク
漫画

邪馬台国の歴史と謎に包まれた卑弥呼の生涯とは

古代日本の女王、邪馬台国の卑弥呼は多くの謎に包まれた生涯を送りました。しかしその実態は、呪術の力を保つために幽閉された女王でした。そのため、意外と地味な生涯を送ったのではと、考えられています。死後は、娘の台与が女王を継承しました。
漫画

縄文〜弥生時代のクニができるまで

縄文時代には土器の発明、稲作の登場で、1万年続いた時代が大きく発展した。三内丸山遺跡が代表的な遺跡だ。弥生時代には、稲作が拡大し、ムラ、クニが出来上がる。それによって戦いが生まれ、吉野ヶ里遺跡のような環濠集落が出来上がった。
食文化

『君の名は』で話題の「口噛み酒」は歴史上実在していた

映画「君の名は」に出てきた口噛み酒が、ネットで話題になりました。その口噛み酒は歴史上実在していました。『日本書紀』に出てくる酒も口噛み酒のこと。歯で噛み潰し、唾液と混ぜて保存しておくことで、酵素アミラーゼがでんぷんを麦芽糖に変化させ、その麦芽糖が空気中の酵母菌に分解され自然発酵しアルコールと炭酸ガスが発生します。
制度

古代の脱税事情

古代にも税制度があったが脱税もあった 古代の『魏志』倭人伝によると、卑弥呼がいた邪馬台国には、税制がありました。5世紀には、天皇や貴族たちは「部民制(べみんせい)」により民たちに税を納めさせていました。 古代の税制度とは 大化の改新に...
スポンサーリンク
Translate »
error:Content is protected !!