西郷隆盛

スポンサーリンク
漫画

西南戦争の勃発。なぜ起きたのか。

士族の反乱はなぜ起こったのか tazaki 明治初期のもう一つの大きな戦争が西南戦争です。せごどんでも活躍する西郷隆盛が最期を迎える戦争でもあります。 明治4(1871)年、明治政府は明治維新の...
漫画

明治維新の始まり

明治新政府樹立まで tazaki ついに文明開花の幕開けです 前将軍・徳川慶喜は西郷隆盛や岩倉具視らによって追い詰められ、西郷の挑発に乗る形で、ついに軍事行動を起こす。 戊辰戦争 鳥羽・伏見...
人物

せこどんを倍楽しむ!スッキリ分かる西郷隆盛の生涯とは

大河ドラマせごどんが倍面白くなる。幼少期から、島津斉彬との出会い。そして、慕っていた斉彬の死をきっかけにした入水から、二度の島流しを経験する。禁門の変の活躍、江戸城無血開城にも貢献し、新政府でも重役を担う。最期の西南戦争までボリュームたっぷりの解説。
人物

大久保利通の言葉から見る性格とは

大久保利通といえば、西郷隆盛とともに倒幕運動に邁進し、薩長同盟を実現した「維新の三傑」の一人でもある優秀な人間です。彼の名言からは実務能力が噂通りに高かったことが想像できます。それだけでなく人間味のある男でもありました。西郷が亡くなった後、本当に正しい彼の伝記を重野安繹に書かせようとしたのが、大久保なのです。
人物

西郷隆盛の名言から見る性格

『総じて人は己に克を以て成り、自ら愛するを以て敗るるぞ』と言う言葉は『南洲翁遺訓』と言う西郷隆盛の言行録の中の言葉です。彼は正しいことを行って入れば天が見ているという誠実な考えを持った男でした。それに対して、坂本龍馬と勝海舟も高く評価しています。
人物

男色(ホモ・ゲイ)は歴史上は普通だった!?

歴史上の男色の実情をまとめ記事。昔は男色(いわゆるホモ、ゲイ)は普通にありました。大河ドラマで話題になっている西郷隆盛をはじめ、武将では武田信玄、織田信長、上杉景勝などの武将たちの間でも、子姓を相手とした「衆道」はよくあることでした。
スポンサーリンク
Translate »
error:Content is protected !!