石田三成

スポンサーリンク
人物

黒田官兵衛の野望!関ヶ原の戦いで天下を狙っていた?

大河ドラマでも話題になった黒田官兵衛は、歴史上最も有名な名軍師の一人であり、野心家でもありました。官兵衛は、関ヶ原の戦いを予測しており、両軍の疲弊したところをみて、狙い撃とうとしていたと言われています。しかし戦いは思いの外、短期決戦で終わってしまい、官兵衛の野望は散ってしまうのです。
戦争

なぜ将軍は戦争でいつも後ろの安全にところにいるのか

歴史の戦争の中で、多くの戦国大名や、将軍たちは、自分が先陣をきって戦うことはありません。後ろの方から指示を出しているだけです。本当は、自分は弱っちいんじゃないか、怖いんじゃないかと、思いませんか?しかしそれでは、永遠に組織を大きくすることができないのです。
映画

映画『関ヶ原』観てきました

映画「関ヶ原」レビュー そもそものあらすじと予習 観たんですけどねー、、今回は、すごく歴史に詳しい友人と、あまり詳しくない友人と観に行ったんですが、詳しい友人は、終わった後はもう世界に入りきって陶酔していましたけれども、あまり歴史に詳し...
戦争

関ヶ原の戦いで家康が江戸に1ヶ月も留まった理由

関ヶ原の戦いで三成挙兵後、家康が江戸に留まったのは、敵と味方の見極めのため 豊臣秀吉の死後、五大老と五奉行による政治が運営されていました。そして1600年、上杉景勝の家臣直江兼続による『直江状』による挑発が、関ヶ原の戦いのきっかけとなりま...
仕事

武士の労働環境(給料、失業、転職、派遣)のまとめ

武士は幕府や大名、藩から、家禄や職録をもらうサラリーマンのような給料体系でした。大量の失業(改易や転封)を生み出した関ヶ原の戦いの詳細、武士の転職(学者や役人、起業家も)や派遣業(口入れ、けんあい、他人宿など)までまとめて解説しています。
スポンサーリンク
Translate »
error:Content is protected !!