多動力はもはや当たり前に必要な能力になっている

タザキです。堀江さんの多動力を今更書くのですが、改めて多動力はこれから超必要な能力です。特に必要だと思ったのは会社員です。

自分の生きたいように生きる時間を持つ!!

まずは自分の時間を生きろと堀江さんは言っている。これが誰もができたら本当に素晴らしい世界になると思う。

でも、いきなりは変わらないから。まずは僕たちがそのフェーズに行って成功例を広めていこうと思う。

自分の時間を生きるためには今の日本はそれを邪魔することが多過ぎる。それが電話であったり、無駄な長い会議であったり。

そういうものを堂々と排除しなければいけない。例えば堀江さんは、「電話出ないキャラ」を確立しているし、テレビでも自分が話さないときはスマホを使いまくっているという。テレビの収録時間が長すぎて退屈しているらしい。

無駄な時間は、1秒でもなくすように生きてゆこう。

睡眠と食事を我慢しない

堀江さんはけっこう寝ている。日本の社会の中には「寝てないアピール」なるものをしている人がいるが、堀江さんはきっちり8時間とか寝ているらしい。寝ないと脳がちゃんと働かないからいつもベストな状態でないと多動力を発揮するのも厳しいと言う。

ここは僕も6時間未満睡眠の時もあるので、注意したいところだが、集中力を高めて短時間で成果をだすようにすれば、こんなに睡眠時間を削る必要は本当にないのかもしれない。

まあ、僕のような20代でまだまだ大した成果も残していない人間は、いくらかオーバーワークなくらいの方がいいのかもしれないが。

また、堀江さんは好きなものをじゃんじゃん食べている。そこらへんの変に食事制限している中年よりよっぽど良いと思う。そもそも良いものを毎日食べられるだけの甲斐性があるからでもあるが。

最近は健康ブームで、化学調味料が悪いだとか、炭水化物抜きとか、水素水が良いだの、そんな話が多いが、もう十分じゃないか?笑

2018年でもう終わりにしよう。変な健康ブームは。これも誰かが仕掛けているだけだから。きっと。

それにみんな踊らされて異常に敏感になって気を使って振り回されているだけだから。もう良いやろ。そろそろ飽きてこん?笑

小利口よりも突き抜けたバカになれ

やはり声をあげる人間になった方が、絶対に得だね。

単純に頭が良い奴なんていっぱいいるんだから。声をあげればそう言う奴が何人か手伝ってくれる奴が現れるからさ。他人の目を気にしたいバカになった方が絶対に良いと思った。

彼は永遠の3歳児たれと言うが、そんな感じで、好きなことに没頭するのが一番生き生きとしながら人生を送れる。

そしてそう言う人間の方が、信用も積めるし、これから稼げる人間になるのだと思う。

まとめ

改めて読んでみて、会社員にこそ多動力は必要な能力だと思った。

「多動」を活かして多くのプロジェクトをすべきである。

会社員の給料は今どんどん目減りしていくから、まあ続けていれば最低限の生活はできるかもしれませんが、人生謳歌するまで楽しむのは無理だ。

お金の不安から脱却する域に行かないと、見えない世界にはいけない。

じゃあどうするか?

僕の答えは、いくつかの兼業を持つこと。例えば、今副業ブームなのはそれに気づいて動いている人たちが多いから。だから、僕の場合はブログをしている。

かなり前向きな思いを持つこと、今の時代の感覚を得ることに最適な本の1冊である。これは副業をしたいサラリーマンにもオススメの一冊です。

書評
スポンサーリンク
タザキをフォローする
サラリーマン副業のススメ