【速読術】本を10分で読めるインプット方法

仕事

皆さんは読書を普段どのくらいしていますか?社会人の人だと、本を読むのに時間を取るのが難しいという事も多いかと思います。

そこで今回は、最速10分で読める私流の速読術をご紹介したいと思います。

著者のプロフィールを読む

まずは著者のプロフィールから読み取れる事を分析してみましょう。

著者の経歴とタイトル、これだけでも本の内容がなんとなく予想できることがあります。

例えば株の本を買ったとします。現役トレーダーが書いた本と、証券会社の役員が書いた本では、個人的には前者の方が面白そうだと思います。

後者の方は、だいたい最後の方に自社の商品などをお勧めする方向に誘導していたら、当たり障りのない基礎情報が書いてあることが予想されます。

著者が誰か?プロフィールを読んだら、ググって見ることで、事前情報があるとグッと本の内容や、その裏まで読み取りやすくなります。

目次で大枠を理解する

速読したいのなら、目次の把握は大事です。

どこに何がどんな順序で並んでいるかで、説明やロジックの流れの大枠が掴めるからです。

逆に目次もなしで読み進めるのは、ファンタジーや物語などの小説を読んでいるのなら、面白いかもしれませんが、情報収集の為の読者なら、効率が悪いと思います。

目次を読んで、興味のあるところから順番に読んでも全然オッケーです。その方が効率的です。

半分既知、半分未知の本を読む

そもそも本を読むときは、自分のレベルにあった本を読まないと、読了する事もできない、なんて事になります。

自分のレベルにあった本を読む事で、スピーディーに読み進める事もできます。

あまりに知らないことばかりの本だと、理解に時間がかからばかりか、途中でやめてしまうでしょう。

逆に知っている事ばかりの本だったら、退屈で飽きてしまうでしょう。だからこそ、半分は知っていて、半分は未知の内容が一番効率的な、今の自分にあった本です。

スピーディーに、楽し見ながら読めるので、頭にも入りやすいはずです。半分知っている内容を選ぶなんて、と思うかもしれませんが、テンポよく読める事は大事ですし、本のレベルも少しずつあげた方が、結果的に一段飛ばしするよりも、効率的です。

大事なことは全体の1割だけ

本というのは、一冊の体裁を整えなければない以上、どうしても冗長な表現が多くなりがちです。

本当に伝えたい内容は、だいたい、10分の1くらいに圧縮しても伝えられるのです。

でも、200ページの厚みのある本と、20ページのぺらぺらの本。どちらにありがたみや、勉強出来そうな感じがありますか?

当然、暑い本ですよね。本は、物理的にある程度の分量が必要なものです。そのため、最悪、別になくても大丈夫な比喩や例、説明も多いので、そこをうまく読み流し、大事な太文字や、キーワードを拾いながら読み進めるのが効率的です。

まとめ

最近は、なんでもネットで情報が得られるように短時間での情報収集の仕方がメインになってきています。

それでも、本というのは、他人の人生経験や、考え方を追体験できる他にはないツールです。冗長な表現は多いかもしれないですが、それをうまくスキップしながら読み進め、情報源の1つとして活用していきたいですね。

仕事
スポンサーリンク
タザキをフォローする
サラリーマン副業のススメ