楽天証券8ヶ月目【ほぼ全滅!唯一9%リターンのファンドは】

投資

本日は楽天証券の報告を、ファンドのパフォーマンス面での報告をしていきたいと思います。

基本的に、楽天証券の投資信託では、楽天ポイントを使った100円投資の分散投資をメインにやっております。8ヶ月経ったので、運用報告していきます。

楽天証券投資信託パフォーマンス

内容としては、投資信託を31銘柄に分散しています。全体の成績としては、8ヶ月目にして初のマイナスでした。ちなみにNISAができるものは、積み立てNISAで投資をしています。

ちなみに、先月の成績がこちらの記事にあります。

こんな感じで、前回は株式系、そして、米国を中心として先進国の株式が全体としては強いのですが、トップはリートインデックスという意外な結果でした。ちょうど株式市場が全体的に下がっていたタイミングでした。

そのような時に、リートも入れておくと、分散投資になりますね。と思っていたら、、、

今月は、そのリートだけが元気で、その他はほぼ全滅という結果でした。。。

ちなみに、よくネット上の人たちに大人気な銘柄は、なかなか死んでいます。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックスは+1%、iFree S&P500インデックスも、なんとか+1%、楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))は、プラマイゼロという結果でしたね。

これから紹介する今月時点のベスト5銘柄は、当然それらを上回っています。

楽天証券(FX)

5位(圏外↗️)楽天・インデックス・バランス・ファンド(均等型)(楽天・バンガード・ファンド(バランス均等型))

第5位は、+2.00%の楽天・インデックス・バランス・ファンド(均等型)(楽天・バンガード・ファンド(バランス均等型))です!

これまでは株式系ばかりが目立っていた私の毎月報告ですが、、、初めてのランクインがこのバランス均等型の楽天バランスファンドでした。早くも波乱も幕開けの予感です。

4位(圏外↗️)<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド

第4位は、ニッセイ国内債券インデックスファンドです。

債券系が上がってきています。まさに債券系と株式系には負の相関がある傾向はありますので、当然の結果ですね。

3位(圏外↗️)明治安田J-REIT戦略ファンド(毎月分配型)(リート王)

3位は、名前の通り、リート人気No.1の、明治安田J-REIT戦略ファンド!

これは最初から買っていなくて、3ヶ月くらい前に買ったばかりなんですが、それを踏まえても良い上がり具合です。

さすがリート王ですね。これも毎月積み立て継続決定です。+3.29%でした。

2位(圏外↗️)楽天・インデックス・バランス・ファンド(債券重視型)

第2位は3.39%で、楽天・インデックス・バランス・ファンド(債券重視型)でした。

完全圏外から、31銘柄のうちの2位に上がりました。

株式系が軒並み下がっている中で、債券系が上がってくるという、、、気持ちいいくらい教科書通りの結果が出ています。

超分散にしておいてよかったと思った瞬間です。まあ、比較動画を撮るために31銘柄も買って分析してるんですけどね。

1位(↗️2)三井住友・DC日本リートインデックスファンド

第1位が、9.2%のリターンを残した、前回3位のリートインデックスです。

順位も上がりましたし、リターンも、前回の7%から上がっています。

リートは、株式系インデックスよりも手数料は少し高い傾向にありますが、

「意外に安定していて、株式と組み合わせることで全体のバランスを高めてくれる」

という説を立証できつつあります。

今後も地味に期待ですね。これだけのリターンがあれば、多少の手数料(信託報酬の0.27%)も取り戻せます。

楽天証券(FX)

まとめ

株式は下落局面があるし、今年、来年にかけてさらなる下落もあります。そうなった時に、REITという分散先は、ポートフォリオの中でありだと思います。

しかしこの商品は純資産が17.02億円しかないのが少し気になりますね。

じゃあREITの中では何が良いかというと、楽天証券の中では、「明治安田J-REIT戦略ファンド(毎月分配型)【愛称】リート王」が1番人気ですね。

今月は第3位にランクインしました。信託報酬は高いですが、分配金が高いです。そして純資産も300億円超えているので安心です。

楽天証券(FX)

また、今月は債券系のインデックスが比較的に上がってきましたね。派手さこそないですが、株式系と債券系は、一緒に買うべきだと思います。

その方が、正しく分散投資の効果を発揮できるのです。

これまでの運用成績も参考にしてみてくださいね。

楽天証券は初心者の投資信託にもっともオススメな証券会社です。こちらからどうぞ。

楽天証券
投資
スポンサーリンク
タザキをフォローする
サラリーマン副業のススメ