サイコパスの顔の特徴とは

サイコパスを顔で見極める

こんにちは。tazakiです。サイコパスシリーズ5本目です。
うちの会社のサイコパスも、相変わらずです。
「こいつサイコパスじゃないか?」と周りの人を疑っている方、または、「サイコパスだから仕方ないのか、、、」と見切りをつけるべき人のために、今日もサイコパスの見極めから特徴を紹介します。

ただの自己中心的正確なだけの場合もありますので。

サイコパスの性格の特徴


多くのサイコパスには、明るく元気という特徴があります。厄介なのが、明らかなサイコパスというわけではなく、彼ら彼女らは、社会に溶け込み紛れているということです。むしろいい人に見られる傾向があります。
しかし、サイコパスの代表的な特徴を一つあげるとしたら、人をコントロールしたがる。ということが挙げられる。
これに関しては相当「頭おかしいんじゃないか?」というくらい、自分の思い通りに動いてもらえない、動けない状況になると機嫌が悪くなる。とりあえず引くくらい負けず嫌いです。

全てをコントロールしたい性格

世の中思い通りにならない、まして他人と過去は変えられないのは当たり前である。しかし彼ら彼女らには違うのだ。
そんな我儘がまかり通ってしまった過去の経験を持ってそんな育ち方をしてしまったのも一つの被害者である。が、その結果産まれたのがサイコパスのモンスターだ。
彼らにとって他人はコントロールして自分の利益のために利用すべき存在なのである。
ターゲットになったら最後。
「こいつは私に優しい。」
「こいつは私に奉仕的だ。こいつは使える。」
と思われたら、求めるレベルはどんどんエスカレート。相手から搾り取れるだけ搾り取ろうとします。

顔の特徴

さて顔の特徴ですが、性格と一致します。普段は魅力的に見えるタイプなので、バラしませんが、ふとした瞬間に本当の顔が垣間見えるでしょう。
サイコパスは、時に衝動的な攻撃性も持ちます。
彼らの顔の特徴の1つは、感情が目に出ないで、口だけで悲しい嬉しいが出て来ることです。これは作り笑いの時と同じですね。
これはサイコパスに関係なく言えることですが、作り笑いは、口しか動きません。本当の笑いは目まで笑います。
2つ目の特徴は、人を見ている時に、無意識にでる表情が冷たいことです。
3人以上の人数がいる時に、そのサイコパスの人があなた以外の人が話している所をじっと見ている時の表情を観察して見て下さい。他愛もない会話なら特に何もわからないかもしれないですが、真面目な話の時に特に観察して下さい。
きっと、品定めしているような、無表情の顔をしているはずです。それは、相手が自分にとって使える人間かどうかを見定めている状態だからです。
その時の冷酷な表情が、サイコパスの本当の素顔なのです。
彼らは基本的には賢いですから、簡単には見せないでしょう。だからこそ、あまり余裕がない時とか、よほど損得が関わっている現場じゃないと、見れないかもしれません。

その他
スポンサーリンク
タザキをフォローする
サラリーマン副業のススメ

コメント