何の為に歴史を学ぶのか?

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 426

はじめに

 

tazaki
tazaki

初めまして。tazaki と申します。

 

ドイツの初代首相のオットー・フォン・ビスマルクの言葉に、

 

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」

 

という言葉があります。

この言葉の真相は、

愚者だけが自分の経験から学ぶと信じている。私はむしろ、最初から自分の誤りを避けるため、他人の経験から学ぶのを好む。(直訳)

という意味です。

スポンサーリンク

歴史を学ぶメリット

よく、「失敗は成功の母」とか「失敗は成功の元」と言いますが、これが成り立つのは、失敗して、その原因を追求して、次に活かすことをするから、ですよね?

だったら、何も自分の失敗からだけではなく、他人の失敗からも学んだ方が良いのでは?ということだと思うんです。

だって、、、できれば、、、

 

tazaki
tazaki

自分が失敗したくはないじゃないですか!!

 

(かといって他人に失敗しろと言っているわけではないですが、、、)

 

経験値を高めるという意味でも、自分一人の経験より、他人の経験も知っている方が、絶対に得じゃないですか?

じゃあ誰から学べばいいのってなった時に、、、2つの選択肢があると思います。

 

  • 1つは、実際に会える身近な人。同期、友人、先輩、家族など、、この人たちの経験談から学ぶ。これ、すごく大事だと思います。
  • 2つめは、実際に会えない人。有名人だったり、歴史上の偉人だったり。この人たちには会えないので、本とか、ネットの情報から学ぶことになると思います。

 

どれでもいいと思います!全部いいと思います!

しかしこの中で、最も規模も大きく、たくさんの視点からのスクリーニングにかけられているものが、、、

 

tazaki
tazaki

歴史なんです!

(ドン!!!)←ONE PIECE風に。

 

もちろん、現代の問題なら、今生きている人に聞いた方が良い場合もたくさんあるでしょうが、、、

でも、人間の本質の部分って、昔の人も今の人も同じです!!

だったら、過去の人たちから、学ばせてもらいませんか?多分、失敗したりして、経験から学ぶことは誰でもたくさんあります。他人の失敗より、自分の失敗の方が、心にも響くし、戒めになって改善できる。

だからって、失敗するのをただ、待っているのはダメ。歴史を知ることで、予防策を取れるかもしれない。それだけ努力して予防してまでしても、失敗はすると思います。でもそこまでできることをやってたら、その失敗も価値あるものになります

本当は事前に知ることができたのに勉強不足で失敗するより、やれることやり尽くしての失敗の方が、より自分のためにもなります。だから歴史に学ぶのです。

洞窟のイドラから抜け出せ

イギリスの経験論哲学の祖、フランシス・ベーコン(1561年〜1626年)(「知は力なり」という名言を言った人)は、4つのイドラがあると説きました。

その一つが、「洞窟のイドラ」

個人の狭い経験や、習慣、教育などによって、物の見方が歪められることをさしています。狭い洞窟の中から、本当は広いはずの世界を見ているようなイメージだと思います。「井の中の蛙」という言葉がぴったりですね。

ベーコンは、人間は一旦こうだと思い込むと、全てのことを、それに合致するように作り上げてしまう傾向があるとしました。

あなたの周りにも、そういう人っていませんか?

「この人はこうだ!」「この問題はこうだ!」と決めつける人とか

ベーコンは、このようなイドラを取り除いて初めて、人間は真理にたどり着けると説きました。自分一人だけの経験や、受けた教育、習慣などは、限られています。そしてそこには、何かしらの「歪められた常識」だったり、「狭い視点の解釈」などが混ざっています。

そんな

自分だけの経験

自分だけの考え

にこだわるのは、あまり得策とは言えません。じゃあ、どうするのか?

僕と一緒に、歴史を学んでいきませんか?

より良い未来を作るためには、過去を知ることが、一番の近道だと思うんです。

*************

そして、このブログを作っている途中から、

tazaki
tazaki

僕もそんなに超・歴史オタクでもないし、気軽に学びたいのが本音なんだよな。

という思いから、

彩葉(いろは)ちゃんという可愛い女の子とともに会話形式で学ぶというスタイルを取り入れました!!

彩葉
彩葉

私で〜す♡

歴史ビギナーのtazakiと。秀才・歴女の彩葉ちゃんが共に学んでゆくスタイルになっております。

どうぞ、このブログを、楽しんで行ってくださいませ(^人^)

→トップページへ

→さっそく第1話『縄文〜弥生時代のクニができるまで』から読んでみる

→筆者について知る

Translate »
error:Content is protected !!