【信長度診断※解説付き】〜あなたは現代の信長になれるか!?〜

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 21

あなたの信長度

信長の逸話や行動を元に性格を分析し、信長度診断を作成しました。ぜひ遊んでみてください( ´ ▽ ` )

結果をみた後は、解説とそのエピソードもご紹介しています!ぜひご覧ください!٩( ‘ω’ )و

スポンサーリンク

質問&結果発表

問1 :行動力には自信がある方だ。
問2 :過去にやった方法よりも、常に新しくより良い方法を考える方だ。
問3 :自分は潔い性格だと思う。もしくは他人からそう言われたことがある。
問4 :勝負事は「情報」を最も大事にする方だ。
問5 :短気で唯我独尊タイプである。

質問の解説とエピソード紹介

質問1:行動力には自信がある方だ。

信長の快進撃の一つの強みは行動力の速さにあると思います。それに加えて戦術のセンスやカンも備わり、良いと思ったことをすぐに行動に移し、多くのチャンスをモノにしてきたのでしょう。

質問2:過去にやった方法よりも、常に新しくより良い方法を考える方だ。

信長の戦い方は、常に新たな戦術を使っていました。かつ、いちど成功したからといって何度も同じ方法を使うことはせず、常に過去にとらわれない戦い方をしていました。桶狭間戦いでの奇襲作戦にしても、長篠の戦いでの鉄砲隊にしてもそうです。桶狭間の戦いの詳細は以下の記事です。

桶狭間の戦いの秀吉の役割と活躍は?
秀吉の桶狭間の戦いでの活躍のちに天下統一を果たす豊臣秀吉は若き頃、織田信長に仕えていました。その前には桶狭間の戦いの相手、今川方の配下である松下之綱という家臣に仕えています。その経験によって、今川側の内情に精通しており、桶狭間の戦いで活躍で

質問3:自分は潔い性格だと思う。もしくは他人からそう言われたことがある。

ご存知、信長の最期となってしまう本能寺の変では、明智光秀の謀反だとわかった時、信長は『是非に及ばず』という言葉を残したと言います。つまりは、もはやこれまで、ということを悟ったのですね。明智は最も優秀な部下の一人だったので、彼の謀反ならばもはや諦めざるをえなかったのでしょう。

質問4:勝負事は「情報」を最も大事にする方だ。

信長の戦国大名としての名を一気にあげる勝利をあげた桶狭間の戦いでは、情報力の差が勝敗を分ける結果となりました。信長も「情報力」を評価して、梁田政綱に最高の褒美を与えたと言います。梁田政綱の詳細は以下の記事からどうぞ。

忍者に関する仕事、役割、活躍のまとめ
「上忍」「中忍」「下忍」という階級があり、大名などと契約を交わして戦の諜報部員、つまりスパイ役をしていました。服部半蔵や石川五右衛門と言った有名な忍者も、情報収集、変装などの仕事のプロでした。忍者は、桶狭間の戦いや、伊達郡が勝利した人取橋の

質問5:短気で唯我独尊タイプである。

信長はこの言葉のままのような性格をしていたと言われます。家臣たちはひれ伏し、我こそが一番強く偉いのだというような態度を示していたようです。

いかがでしたでしょうか??

ちょっとしたゲームとして、その後は読み物として、楽しんでいただけたら幸いです( ´ ▽ ` )

 

error:Content is protected !!