経済学

経済学

範囲の経済性とは(ヤマハ、タイムズ、東レなどの事例)

範囲の経済を生かして効率性を高める 規模の経済性だけがすべてでではない。 違うふたつのものを組み 合わせることで 「範囲の経済性」を働かすことができれば、ビジネスチャンスは広がる。 範囲の経済性とは 羊を使ったビジネス例に見て...
経済学

M&Aと規模の経済性

規模の経済(スケールメリット)について よく企業ではM&Aをしてどんどん規模を大きくしますよね。会社が大きくなることで日産とルノーみたく社内が複雑になって大変そうに見えますが、そこには大きなメリットがあるからこそ企業はこぞってM&...
経済学

スクリーニングを利用した販売戦略

バーゲンやクーポンは、販売戦略のスクリーニング 高くても買ってくれる人には高く、 安くしなければ買わない人には安くしてでも売りたい。 というのが企業の本音。 しかし、それを見分けるのは容易ではない。 そこで企業が利用するのが、スク...
経済学

【心の会計とは】キャッシュバックの心理学

おカネに色がついている? 汗水垂らし、働いて稼いだ1万円と、ギャンブルで運良く手に入れた1万円。 あなたなら、どちらを大事にするだろうか? おそらく「働いて稼いだ1万円」だろう。 どちらも同じ1万円なのに、値打ちに違いがあるように感じてし...
経済学

【勝者の呪い】オークションで勝っても複雑な心境になる理由

オークションの最適な方法とは オークションと言えば、金持ちがどんどん物を買うためにより金額をコールしてゆくイメージですが、最近ではヤフオクなど庶民にも簡単にオークションに参加できます。 行動経済学の「勝者の呪い」という法則によると、...
経済学

クーポン券やポイントカードに潜むロックインとスイッチングコスト

あなたの身近にも絶対潜んでいる「ロックイン」   ロックインとは? ロックインとはもともと「鍵をかけて閉じこめる」という意味。経済学でいうロックインとは、人や企業の行動が、何らかの理由によってある方向に固定化していくことを指す。 巷でよく目...
経済学

【3分で読む】経済学と心理学の交差点「行動経済学」とは

経済学の最先端ー行動経済学 こうした「心の会計」は「行動経済学」の法則のひとつ。 2002 年のノーベル賞で注目を集めた。 この分野を切り拓いたのは経済学者、ダニエル・カーネマン。 伝統的な経済学が合理的な人間を前提としてきたの...
経済学

組織の生産性を低下させるレントシーキングとは

社内政治は生産性の低下しか招かない。その解決法 企業にとって、レントシーキングは大問題である。 レントシーキングとは これは、一言でいうと「ルールの改正を求める圧力」のようなものだ。 一般的には企業が自分たちが超過利潤(レント)...
経済学

値上げした方が売れる?ヴェブレン効果と消費者心理

高い方がよく売れる? 例えば、自動車や時計。 私たちは同じ機能でも、あえて高いモノを選ぶことがある。 これが「ヴェブレン効果」。その理由のひとつが、人間の「見栄」である。 ヴェブレン効果とは そもそもの由来は、アメリカの経済学者ソーステ...
スポンサーリンク