その日の彼女の服装・髪型を 手帳にメモしておくメリット

結局、マメな男がモテるって言われるのは

突然ですが、この記事のアイキャッチ画像の女の子の髪型を言えるだろうか?検索から最初にきた人には分からない問題ですが。

ある先輩の手帳には、会った女性の名前のところに、服装とか、髪型とかのメモが書かれていました。
「(ロ)」だったら、ロングヘア、「(ホ)」 だったら服装がホワイト。つまり白っぽいドレスを表わしているのです。

女性が喜ぶこと


女性が何よりもうれしいのは、男性の自分に対する関心です。
一度会ってから3ヵ月後に、再び会う機会があったとしましょう。

普通の男なら、
「やあ、しばらく。もっと早く会いたかったなァ」
せいぜいこのくらいです。

ところが私は、

「この前会ったときはロングヘアだったけど、少し短くしたの? ロングもいいけど、ショートはまた一段といいなァ。それに、この間は白いドレスで清楚だったけど、今日のピンクは大胆だね。今日は期待しちゃうな」

どうです、この差!
ここがモテるかどうかのポイントです。

女性へ興味があることを伝える、でも重くならずに。


女性は自分が、一生懸命おしゃれしたところを覚えていてくれた男性を、好きになってしまう性質があります。

だから髪型とか服の色や型、香水の匂いなどを覚えておくのがコツなのです。

おまけに、半年前、1年前のファッションまで覚えていてくれるというのは、何より自分に対する関心が高いことの証明。

男が女性をうまく口説くには、真剣になってはいけない

真剣になられては、女性は逃げようがない。笑いとキザな言葉こそ、 口説きには必須のものである。

正直なところ、本当にその女の子に興味があれば、髪型も服装も自然に覚えてしまうから、あとはその一言を言う勇気とタイミングを間違えないことがポイントなんです。

なのでむしろメモなんていらないかもしれないですね。メモしないで忘れてしまうと言うことはあなた自身の興味がその程度だと言うことですから。

まあ、デートを4回も5回もできるのなら最初の頃の服装なんて忘れてしまうかもしれないですけどね。それだけデートできるなら、付き合っているも同然でしょう。

コメント