なぜ勉強をするの?学ぶことの楽しさとは(勉強モチベアップ記事)

信念

勉強する理由と学ぶことの楽しさ(勉強モチベアップ記事)

勉強のモチベーションが上がらない。なぜ勉強をしなければいけないか?なんて悩んでいる学生さんいますか??

そんな事で悩んでいるなら、勉強なんて辞めちまえ!!勉強できることなんて贅沢で羨ましいことなんだ。そんな悩みを持っている人は勉強の楽しさを分かっていないのだと思う。

僕は今仕事で1日の大半を過ごし、その後で読書したり社会勉強したりしている。僕が勉強の楽しさを伝えていきたいと思います。

知る事は豊かになる事

タザキ
タザキ

こんにちは。tazakiです。

これは僕の好きな言葉の一つです。「知ることは豊かになること」ある、インテリアデザイナーさんから聞いた言葉でもあります。

日本と世界の視野を持つ

長い長い人生の中で、ただぼんやり過ごすのも人生ですが、僕たち人間一人の人生なんて、たった100年で、しかもほぼ生まれた国内で一生を終える人が多いですが、世界にはめちゃくちゃ頭いい人がたくさんいて。(日本と世界という横軸の視野を広げる)

現在、過去、未来の視野を持つ

しかも、時空を越えると過去にはさらにたくさんいます。

新しいことを知った時って、嬉しくないですか?

もし大学とかで好きな講義があった人ならばそれを聞いていた時の感覚や、他にも、テレビで観ててへえ〜と思ったことや、感動する話を聞いた時、こいつすごいな、と思うような話をできる先輩や大人に出会った時、そんな大人になりたいと思いませんでしたか?

そして、せっかくこの世界に生まれて、何も知らないまま終わったら勿体無い。

この世界には知らないことがまだまだたくさんある。

ライフネット生命元社長・元APU学長出口さんの言葉

尊敬している人の一人で、出口治明氏という、ライフネット生命創業者で、現在は大学学長の方がいるのですが、彼が言う、人生を豊かにする3つのものは、
本、人、旅。
僕はその中でも本は特に大事だと思います。

旅(現場に足を運ぶこと)も大事だし、人ももちろん大事。

だけど人って相性もあるし、旅も手軽にいつでもできることじゃあない。そこで、本はいつでもどこでも誰でも学べる点が良い。本って、人が書いているから、結局人と本も重なると思うのだけれどね。

映画でも、テレビでもなく、本。やっぱり一番大事なのは読書。

最近はネットでもたくさんの情報を得られる。

しかし、ピンキリで、本は出版するのにコストが高いから、その分、質は上がる。(最近は低俗なタイトル煽りの本も多いけどね、、、)

とにかく、

「学生時代に面白い講義を聞いて感動した時のような感動」

これを毎日でも感じられたなら、それってすごく刺激的な人生だと思う。

アクティブレジャーは脳にも良い

しかも趣味としての読書の良いところは、映画やテレビ、ネットと違う点は、アクティブレジャーなので、脳にもいい効果があること。

映画、ネット動画、テレビは、全部向こうのペースでどんどん進む。だから脳は受け身の状態になる。これをパッシブ・レジャーと言う。

対して、外でのアクティビティー、登山、釣り、そして読書は、アクティブ・レジャー、つまり能動的なレジャーになる。

趣味としても、読書は脳に良い趣味なのだ。

 

信念
スポンサーリンク
タザキをフォローする
サラリーマン副業のススメ

コメント