1番モチベーション上がるのは、他人の評価よりも自分の価値観に沿う事

給料をあげてほしいな〜、上がらないかな〜というのは、
他人からの評価という尺度で動いている思考からくると思う。

それよりも有効なのが、自分の内側から沸き起こってくるモチベーションだ。

これを、専門用語で言うと「内発的動機づけ」という種類のモチベーションに当てはまります。

他人からの評価

もちろん、他人からの評価は大事ですよ?他人から評価されて、他人を喜ばせるからお金をもらえるんだから。だから、他人からの評価も大事だとは思うんだよね。

 

だけど、それは結果論としての話であり、マインドの持ち方としてはそれを目的にしない方が人はモチベーションが上がります。

 

他人は他人のフィルターを持ってしか人を見ていないから、自分の事を一番見てあげられるのって自分なんですよ。

 

だって監視でもされてない限り、24時間あなたをちゃんとチェックしている人なんていません。自分のことは自分が一番よく知っているのです。

 

逆に言えば、悪い部分に関しても、自分が一番よくわかっているので、誰に見られたわけでなくても、自分の深層心理の中にそれは溜まってゆきます。

 

だから一番良い自分でいるためには、自分に嘘をついてはいけないのです。

モチベーションの源泉

「他人から評価得る」よりも「自分の信念」や「倫理観」、「価値観」をモチベーションにした方が、よく継続できるし、ブレないっては思います。

自分の正義「自分が正しいと思うこと」に従う。

「自分の生き方」に従う。

この辺がモチベになるのが一番良いのだろうと思います。理想としてはね。

でも理想通りにはなかなか行かないのもまた現実。

時には、自分は違うと思うことでもやらなければならないこともあるだろう。みんな大人だしね。

でも、そこ(自分は違うと思うことでもやらなければならない事とか)が問題ではないと思うんだよ。

そういうのが嫌なら、自営業か、起業家になっちゃえば良いじゃん。

それができないなら、文句言わずにやらなきゃいけないんだって。だってそれでお金貰っとんのやからさ。だから、結局はそれでも耐えうるくらいのモチベを保てるんなら、そのまま我慢して会社員していれば良いと思う。

それに我慢できないくらいモチベ上がらないんだったら、とっくにその人は独立しとると思う。

長々となりましたが、結論は、自分の内側から沸き起こるモチベーションが一番大事。

ってことで、そう思えるような事をしないといけないってことですね。当然だね。

まあ、個人的には最終的に一番賢いと思うのは、会社員とブロガー副業の二刀流やと僕は思うけどね〜。

関連記事はこちら参照です。

コメント