投資初心者が初めの一歩で読むべき簡単な本

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 441

『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』は投資スタート向け

この本を読んで、安心した気持ちで投資の初めの一歩を踏み出してみよう!と言う気持ちになりました。大まかな内容と、ポイントをご紹介します。


ここでは、素人向けに投資の仕方を教えてくれているのですが、結論から言うと、基本的には「国債」と、「投資信託の国内と海外のインデックスファンドを半分ずつ」買うことが載っていました。それはなぜかをお伝えします。

タザキ
タザキ

理由がわからないと、嫁とか彼女への説明も困るんだなーこれが!

スポンサーリンク

初心者は投資では何を買えば良いか

投資なんて、基本的には株とか外貨とは、プロには絶対勝てないんだなって思いました。絶対負けると思いますよ。

それに毎日金額をチェックとかも絶対しないし、バクチみたいな事はしたくないと思っています。流石に家族もいるし、大勝ちしたいと言うよりは、銀行に預けているよりは高い利率で、かつ低リスクで運用したい!って程度なので。

そこでまずは国債についてです。

国債を買う理由

ここでオススメされているのは10年変動の個人向け国債です。2018年10月現在で利率は0.09%です。銀行の金利は0.01%くらいとしたら9倍はありますね。

金利が銀行の9倍

財務省のページでシミュレーションができますね。シミュレーションと言うか、変動なので未来の金利は誰にも分からないので過去の実績みたいなもんなのですが、、、

個人向け国債 : 財務省
財務省の個人向け国債のシミュレーションが...

一応今から10年前に、10年固定を買っていた場合この10年固定どのくらいになったかと言うと、100万預けて、1万9000円だと。。。まあ、国債だからね。銀行預けているよりマシなんかな。

とにかく安泰である

まず国債が貸し倒れになることなんてまずあり得ないと。銀行は倒産するかもしれないけど、国がデフォルトするなんて事態はまずあり得ないし、もしあったとしても、国の国債をたくさん持っている日銀や各銀行さんもそもそも倒れると、、、

そのため、国債よりも銀行預金の方が安心なんてことは物理的にあり得ないわけですよね。国債の方が金利も!安心も!買っていますが、銀行預金の方が上回っている事が一つだけあるんですよね。

それは、流動性です。僕の場合は家から数分歩いて銀行行けばATM手数料0でおろせますから。この流動性こそが、銀行預金に預ける理由ですね。

だから、すぐ出す必要があるお金以外は、全部国債とかに入れたほうが絶対得なんですよね。これが国債を買う理由です。

投資信託のインデックスファンド

そして、国債よりももうちょっと冒険しても大丈夫だと思うので、、、投資信託にも挑戦していいと言っていますよ!

タザキ
タザキ

投資信託くらいはいっとかないと!国債だけじゃちょっとつまんないでしょう。

金利が高い

金利はさらに高い3〜5%?くらい。下がる可能性もあると言えばありますが、たくさんの株式の詰め合わせなので、リスクは低いと思います。

インデックスファンドがいいらしい

僕も最初は分からなかったですが、投資信託にはインデックスファンド(日経平均株価やTOPIXなどの市場の平均の指標(インデックス)と同じような動きを目指)と、プロが分析して売ったり買ったりするアクティブファンドという2つがあるそうです。

初めて知った時笑ったんですが、めっちゃ頭いいプロが分析して売ったり買ったりして運用するアクティブファンドより、

日経平均とかと同じ動きをするような自動的に動くインデックスファンドの方が平均の成績が良いのです。

これを、業界では「不都合な真実」と呼んでいます。だって高い人的コストを払ってアクティブファンドを運用しているのに、自動的に動くため運用費が安いインデックスファンドより、リターンが少ないんですよ。

タザキ
タザキ

結局人間は波があるから、経済全体の自然な動きに勝てないんですね。

インデックスファンドでも、海外の株式の詰め合わせとか、国内株式の詰め合わせと、色々ありますから、海外と国内を半分ずつ持つと良いです。それと、「毎月分配型」は手数料が高いから、やめた方が良い。

そして、国債と、インデックスファンドを、自分のリスク許容と比較して買う配分を決めればいいんです。

3つの財布を持つ

  • 当面の生活資金
  • 安全資産
  • リスク運用資産

生活資金

普段使うお金。(銀行預金)、、、何もなければ50万〜くらいあればいいのでは?

安全資産

低金利でも、安全に、運用したい金額(個人向け国債)、、、リスク許容度による。

リスク運用資産

これが投資信託(インデックスファンドとか株とか)、、、最悪の場合1年で1/3が消えても(その可能性は2.3% 。2標準偏差くらいかな??そのうち調べてみよう、、、)問題ない金額。

これは人それぞれの感覚や状況によって変化。これ以外の金額が安全資産に回されることになります。

その他

以上メイントピックについてまとめましたが、他にも

  • 持ち家は損する
  • ニーサ、確定拠出年金、はできるならやった方がお得
  • 保険会社の保険、年金などはいらない
  • 国の年金はちゃんと払っておくべき
  • ネット証券で十分
タザキ
タザキ

などなどの事も学べました。詳しく理由を知りたい人は、あとは自分で本買って読んでみてね。自己投資としては安いもんだよ。

本よりリターンが高い自己投資はないと言われているからね。

error:Content is protected !!