イノベーター理論とキャズムを越える方法

イノベーションの普及理論

イノベーター理論では、自分のビジネスではどの層をねらっていくかを説明している。

この図のように商品購入の早い順に5段階に分類し、どの層に向けて製品を展開していくか、どう情報発信をしていくかなどが検討され、ブームをつくることに力が注がれる。

段階にあったマーケティング方法を取る事

イノベーター志向の人にに「万人ウケ」ものを差し出してもダメだし、

レイトマジョリティに「日本未発売!」のような革新的なものをアピールするのは間違いだ。

わざと品切れにしている?

スマートフォンやキャラクターグッズなどの人気商品は、わざと出荷量をおさえ

「買いたいけれど手に入らない!」

と枯渇感を煽る「品薄商法」を疑われたメーカーもあるほどだ。

流行の仕組みはイノベーター理論で説明できる

イノベーター理論とは1962年に米・スタンフォード大学の社会学者エヴェリット・ロジャース教授が提唱したイノベーション普及に関して、商品購入の態度を新商品購入の早い順に5つに分類したものである。

市場での割合

イノベーター(Innovators :革新者)

冒険心にあふれ、新しいものを進んで取り入れる人たち。

 市場に2.5%しか存在しない

周囲とは違って いたいタイプであると考えられる

アーリーアダプター (Early Adopters : 初期採用者)

流行に敏感で、情報収集を自ら行い、判断する人。

の消費者層への影響力が大きい。

市場の13.5%しか存在しない

<<<<<<<<<キャズム:深い溝>>>>>>>>>>>

アーリーマジョリティ(Early Majority : 前期追随者)

市場の34.0%

比較的慎重な人だが、新しいものを取り入れるのは平均より少し早い。

周囲とは同じが良いと思ったり、憧れの存在に近づきたいと思うタイプ。

レイトマジョリティ(Late Majority : 後期追随者)

こちらも市場の34%を占めるが、

平均よりは遅いので半分以上が購入してから購入する層。

ラガード(Laggards:採用遅滞者)

最も後期の採用者で、市場の16%存在する。

伝統的なものになってから購入する最も保守的な層。

キャズム理論

採用の早いイノベーター(2.5%)とアーリーアダプター(13.5%)をまとめて初期市場という。

そして、アーリーマジョリティ以降をまとめてメインストリームと言う。

特にハイテク産業で言われるのが、キャズムの存在。

アメリカのマーケティング・コンサルタント、ジェフリー・A・ムーア氏が提唱したものとして、ハイテク業界では新規ビジネスの立ち上げの際に焦点になります。

このキャズムを超えるかどうかが、ビジネス成功の狭間になる。

キャズムを超える手法

消費者にとって、新しいものや人たち(イノベーター)に足りないのは安心感である。

そのためにはインフルエンサーマーケティングが有効と言われる。有名人による信頼、安心を得られる。

マーケティングスタイルの変更

初期市場に対しては、革新的なキャッチコピーで良かったかもしれないが、

メインストリームに対しては、革新的なコピーは響かない。安心を与えるとは程遠い。

従来よりちょっと便利になったという特徴や、安心感をアピールするキャッチコピーに変更した方が、より多くの市場の人たちにアピールできる。

これでビジネスを加速させてください。

マーケティング
スポンサーリンク
タザキをフォローする
サラリーマン副業のススメ

コメント