インド留学体験談その3〜やっぱ中華っしょ〜

インドの下宿先に着いてからの話です。

ホストマザー 「シャワーはそのバケツにお湯ためて使って!お湯はこのボタン押して5分くらいすると出るから!洗濯機は、、、、」

シャワーはなかった。バケツに貯めたお湯をかけて使う式だ。

洗濯機は普通だった。一通り、丁寧に教えてもらってからシャワーを浴びて、荷物の整理をした。

意外と広い。

ベッドのマットは軽くて柔らかい。通気性が良く、快適に寝られそうだ。

窓の風を感じながら横になっていたら、いつの間にか眠っていた。

先輩の部屋のノックで起きる。ご飯に連れて行ってもらう約束だった。

「寝てた?まあ長旅だったからね。」

レストランは徒歩15分ほどのところにあった。

メインストリートのようなところに出ると、交通量がかなり多い。日本車がけっこういるな。そしてとにかく車よりもバイクが多い。車線は一応あるようだが、全く守らていない(笑)ぐちゃぐちゃだ(笑)

 「よし、あそこだよ。」

 「あれ、Chineseって書いてありません?」

 「うん!この辺じゃ一番うまいと思うwカレーとかのイメージあるかもしんないけど、実際おれはカレーは全然食べてないよ!」

そうだったのか。カレーは嫌いじゃないから、カレーばっかりがいやとは思ってなかったが、そりゃいろいろあるよな。

、、、、、?

どこから渡るんですか?

「よし!行こう!」

え?え?えあええ?

かなり広い道路で交通量も多いにも関わらず、当たり前に渡り横断し始めた。

これが初めてはちょっと怖い。運転のインド人たちもあまりスピードを落とさない。そしてこのぐちゃぐちゃの交通である。先輩の真後ろにくっつき、なんとか渡り切った。。。

「危ないですね!事故とかないいんですか?」

「意外と大丈夫だよ笑」

ふう。これがインドクオリティなんだろうか。。

インドでは信号を見ながらなんて渡らない。様子を伺いながら、感覚で渡るのだ。笑

車とは、アイコンタクトしながら、いける?いける?行っちゃえ!!みたいな感じで、雰囲気だ。笑

海外
スポンサーリンク
タザキをフォローする
サラリーマン副業のススメ