確定拠出年金iDeCoで2000万円貯めるシミュレーションしてみた

投資

こんにちは、タザキです。

年金が崩壊するとか、老後に2000万円必要だとかで、世の中は騒いでいますね。

しかしよく考えてみれば、政府の年金はこんなに人口が減少して、高齢化が来る未来を想定せずに作られているので、後の世代が先の世代に比べて損をしてしまうことは明白です

という訳で、必要なのが2000万円なのかどうかはわからないですが、自分自身で将来の資産設計を考えた方が良さそうです。

そこで有効活用した方が良いのが確定拠出年金(個人型はiDeCoと呼ばれる)です。

今回はこれを使って僕のような企業年金のない会社員がどのくらい資産を貯められるのかをシミュレーションしていきたいと思います。これで「2000万円必要説」をクリアしていきたいと思います。

確定拠出年金の税制メリット

確定拠出年金の税制メリットは、主に3つあります。

  • 積み立てる時に所得控除される
  • 運用益は非課税
  • 受け取り時の控除(公的年金等控除、退職所得控除)

これが簡単に書いていますが、めちゃくちゃ有利な制度です。

まず所得控除されることです。ご存知の通り、所得が上がれば上がるほど、課せられる税金は高くなる。ところが、iDeCoに資金を回すことで、その分を所得から控除、つまり、その分の税金がかからないことになります。

もしも普通に投資をするとしたら、支給額から税金を引かれた残りのお金で投資をするしかないが、iDeCoを使えば、はじめに投資資金に充てることができるので、引いた残金に対して税金がかかるので、税金が減ると言う仕組みです。節税対策ってやつですね。

運用益に対して税がかからないと言うのも実は普通ではありません。普通に株を買えば、20%ほどの税金がかかるし、NISAや積立NISAでも非課税枠はありますが、限度が設定されています。

なので、回せる資金は出来るだけ使った方がいいですね。そして、受取時にも制限以内であれば税金はかからない。

属性ごとの掛け金の上限額

確定拠出年金には、会社を通して加入する、企業型と、自分で加入する個人型の2種類がある。

今時は企業年金がない人も多いのではないだろうか。僕の会社ではありません。その場合は、月の上限額は、2万3000円までになります。属性別で、掛け金の上限は、以下の表のように変わります。

自営業(第1号被保険者)月額6.8万円
会社員(企業年金なし)月額2.3万円
会社員(企業型確定拠出年金のみ)月額2.0万円
会社員(企業型確定拠出年金と他の企業年金に加入)月額1.2万円
会社員(企業型確定拠出年金はなく他の企業年金に加入)月額1.2万円
公務員(第2号被保険者)月額1.2万円
専業主婦(第3号被保険者)月額2.3万円

このうち、私は、上から2番目の「会社員(企業年金なし)」に該当します。

月に2.3万円ずつ積み立てたら、けっこうたまりそうですね。それで実際に投資信託とかで運用したらけっこう行けそうなんで、シミュレーションしてみました。

会社員が月2.3万円の積み立てのiDeCoのシミュレーションをしてみた

仮にiDeCoの投資信託で毎月2.3万円ずつを積み立てるAさんと、コツコツと2.3万円を預貯金するBさんの例で考えてみましょう。二人とも30歳とします。

まずBさんの事例です。金利は、年利0.1%と仮定します。30〜60歳までの30年間積み立てます。

結果は、元本が8,280,000円に対して、利益を含めた合計は、8,292,398円です。

真面目にコツコツ積み立てたBさんですが、確かに大きな金額になりましたがリターンはほとんど得られませんでした。

Aさんの結果を見てみましょう。

毎月積み立てた金額は、2.3万円で、Bさんと全く同じです。期間も30歳〜60歳の30年間です。

iDeCoで「先進国株式系のインデックス投資」を積み立て続け、年利5%を実現しました。

その結果、元本は同じ8,280,000円なのに対して、運用結果は、19,141,949円と言う結果になっています!約2000万円ですね。

なんと倍以上の結果になりました!!30年と言う長い年月をかけて、複利で運用し続けるとどれだけのインパクトがあるかお分かりいただけましたでしょうか?

巷では「老後に2000万円が必要だ!」などと叫ばれていますが、これだけでほぼ解決できてしまいました!これで「2000万円必要説」は論破できます。

しかし、備考として、「2000万円必要説」は厚生年金の2階建ての会社員に対してのものと言われているので、1階建てしかない自営業は、5000万円必要と言われています。

そのため、iDeCoの枠も自営業(第1号被保険者)は月6.8万円までかけることができます。先ほどと同じ条件(30年間・年利5%)で運用すると、月に6.8万円積み立てれば、56,593,587円積み立てることができます。

これまた「5000万円説」もクリアしましたね。

楽天証券

まとめ

なんだなんだでちょうどよく当てはまるようにできてるんですかね?これも、真面目に同じ金額をずっと積み立てることができてのことです。

結局は、コツコツ積み立てることが大事と言うことですね。楽天証券のiDeCoはこちらから

楽天証券
投資
スポンサーリンク
タザキをフォローする
サラリーマン副業のススメ