生きる伝説イチロー・現役28年の歴史

日本が、世界に誇る野球選手。

日本のみならず「世界の野球の歴史」に多大なる影響を与えた随一の選手と言っても過言ではない男。

本日3月21日イチローが現役の最前線を退く意向をマリナーズ球団に示しました。

このニュースをみた瞬間、私はこれまでの彼の歴史が走馬灯のように蘇ってきました。そんな彼の歴史、名場面、一気にまとめていきたいと思います。

日本プロ野球時代

まずは日本の歴史から振り返ってみよう。愛工大名電高校時代の監督は彼が入学したとき「宇宙人のように細い」と表現したほど、野球選手の中では圧倒的に小柄。身長は180cmで一般じから見たら高身長ではあるが、プロの世界では普通。

しかし、高校時代から、投手として、打者として、有名な選手ではあった。そんな高校球児が、ドラフト4位でオリックスに指名され、子供の頃からの夢だったプロ入りを果たした。

ドラフト4位で二軍だった

1991年、ドラフト4位で、オリックスに入団。同じくメジャーで活躍した松井秀喜選手は鳴り物入りで翌年のドラフト1位、他にも、桑田清原のKKコンビなど、ドラフト1位でプロ入りするスターとは違い、4位、しかも二軍からのスタートだった。

二軍で首位打者・ジュニアオールスターでMVP・賞金を寄付

1年目から二軍で打率.366でウェスタンリーグの首位打者を獲得。さらにジュニアオールスターではMVPに選出され、賞金で出た100万円を神戸市の養護施設に寄付している。

振り子打法の完成

プロ生活2年目、開幕スタメンをもぎ取ったものの、一軍に定着はしなかった。しかしこの秋に、イチローの専売特許でもある「振り子打法」を完成させる。

『蝶のように舞う振り子打法!』 イチロー ホームラン

3年目に大ブレイク・首位打者

プロ3年目の1994年、ついにイチローの才能が開花する。

シーズン直前に登録名を「鈴木一朗」から「イチロー」に変更。

この年にシーズン210安打で最多安打、打率.385で首位打者、最高出塁率・ベストナイン・ゴールデングラブ賞・正力松太郎賞、打者として最年少のMVPを獲得した。

この年からプロ野球界に「イチロー無双」が始まる。

1995年「頑張ろうKOBE」悲願の優勝

1995年1月。阪神淡路大震災が起こる。ここはwikiの説明を参照しよう

イチローは震災からの復興を目指す「神戸のシンボル」的存在として首位打者打点王[注 7]盗塁王・最多安打・最高出塁率を獲得。「打者五冠王」に輝いた。打点王と盗塁王の同時獲得は日本プロ野球史上初(現在も唯一)のほか、全試合フル出場での首位打者は王貞治(1969年)に次ぐ史上2人目の快挙だった。本塁打はリーグ3位タイの25本で、この年に28本放って本塁打王を獲得した小久保裕紀とは3本差であり、日本プロ野球史上前例のない打撃タイトル独占(六冠王)にあと一歩だった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%81%E3%83%AD%E3%83%BC#%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E6%99%82%E4%BB%A3

と、打者で5冠という、聞いたことがないような記録を打ち立て

震災で被害にあった神戸を元気付ける優勝の、一番の立役者になったと言っても過言ではない。

イチローといえば、打率、ヒット数というイメージがあるかもしれないが、日本の時は、ホームランもめちゃくちゃ打っているのだ。あのスマートな身体でである。

きっと打率を少しでも犠牲にしたとしたらめちゃくちゃホームランも打てますからね。全てが完璧な選手なんです。

史上最速の1000本安打

1999年、イチローが日本プロ野球史上最速となる757試合目で通算1000本安打を達成した。

プロ野球界では、「2000本安打」を達成すると「名球会」に入れます。これを達成できるのは、プロ野球選手の中でも、ほんの一握りの限られたスターだけです。その半分の記録を、史上最速のスピードで達成したということですね。

7年連続首位打者に

首位打者。その年の最高の打者に与えられる名誉の1つ。

それを7年連続で受賞することの偉大さ。

それまでの歴代記録は、張本選手が持っていた4年連続。それを3年も更新。

しかもメジャー移籍により途切れたので、日本で続行していたら、プラス10年くらいは続いていたのでは、、、、

そんな日本のプロ野球界では全てを手にいれ、「最強打者」と誰もが疑わない称号をえた状態で、メジャー挑戦を宣言。

海を渡りメジャーに

投手としてのメジャー初挑戦のパイオニアは、野茂投手であるが、野手のメジャーのパイオニアがイチローである。

当時は、投手としは野茂がある程度通用したが、野手として日本人の選手が一体どれだけ通用するのか?アメリカは懐疑的でした。日本では打率.380以上、打撃のタイトル総ナメのイチローだったが、

「打率は2割8分から3割、盗塁は25から30は稼いでくれるだろう」と、当時の監督ですらその程度の期待感だった。

1年目から首位打者

ところがその期待は大きく裏切られることになる。

2001年、メジャー1年目から彼は、新人王、首位打者、盗塁王、MVPという

メジャーでもタイトル総ナメをしたのだ!!!!!メジャーリーグでもいきなりトップをとったのだ。

世界トップのメジャーリーグでタイトルを獲得したことで、その名は全世界に轟くことになる。

伝説の始まりイチローのメジャー1年目 / ICHIRO'S Rookie Season

日米通算2000本安打

2004年、NPB〜MLB通算2000安打を達成する。普通の選手であれば、現役20年くらいで、ギリギリ達成したとして、「超超一流の証」なのに。

イチローはまだまだ「全盛期」の時期にこの記録を達成するなんて、普通のスターを明らかに超えている。一体この人間はどこまですごい記録を伸ばすのか。という、誰も見たことがないような世界に到達している。

シーズン最多安打達成

同じく2004年、メジャーリーグで84年間も破られることのなかった、1シーズン最多安打を更新することになる。当時の最高記録はたジョージ・シスラーのメジャー歴代シーズン最多安打記録の257安打だった(通常シーズン200安打達成するだけでも超一流でその年のトップ選手)。

この年262安打という大記録を打ち立て、メジャーリーグ新記録を打ち立てた。

イチロー メジャー最多安打記録2004

当時の心境を

「言葉にはできない。これまでの野球人生の中で最高の瞬間でした」

と、嬉しさをあらわにしている。

というのも、イチローは「打率」よりも「安打数」を重視していると語ったことがある。シーズン歴代最高記録は、普段クールな彼にとっても大きな喜びだったのだろう。

3000本安打

2008年、日米通算3000本安打達成。普通の選手としては、到達するだけでも伝説になる数字ですが、もはや彼にとっては、まだまだ通過点です。

イチローの言葉が素晴らしい!イチロー3000本安打達成!

WBCの決勝打

僕はこの瞬間、一生忘れないと思う。当時僕はまだ野球を現役でしている学生だった。

2009年、韓国との決勝戦。

伝説の中の伝説の一打。

僕は学生時代、テレビで息を飲みながら見守っていた。

きっとこの瞬間、日本中が期待、いや、信じていた。

ーイチローならば、何かやってくれるー

そんな雰囲気が、競技場の全て、テレビの向こうの全ての日本人が、そう思っていただろう。

WBC 決勝 韓国戦 「イチローの8球・・・神が降りた!」

本当に、この勝負強さ

その試合で一番のチャンスで打席が回ってくる「何か」

スターの中のスターとはこの人。

同じチームメイトとして選手たちも、歓喜していた。ちなみにこの頃、イチローは絶不腸に陥っていて、この試合でも調子が上がっていなかった。しかしそれでも監督はイチローを使い続けたし、選手たちをそれを当然のように、彼はやってくれると信じていた。

それだけの選手なのだ。少しくらい調子がでなくとも、彼の活躍をみんなが信じているし、みんなが期待していた。

10年連続200本安打

2010年シーズンでは、10年連続200本安打を達成する。もちろん、これも、前人未到の記録である。

イチロー快挙!10年連続200本安打!

ヤンキースに移籍

2012年、ヤンキースに移籍。背番号が31に。

そして2013年8月。4000本安打を達成した。もう毎年のようにメモリアルが生まれるよな「生ける伝説」になっていた。

MLB イチロー 日米通算4000本安打達成 Ichiro 20130821

4000本は、メジャーリーグの歴史の中でも、ピート・ローズと、タイ・カップのみ。世界で。彼はこんな言葉を残しています。

「4000という数字よりも、チームメイトやファンがあんな風に祝福してくれるとは想像していなかったので、深く刻まれますし、4000という数字が記録が、特別な瞬間を作ってくれる」

「4000のヒットを打つには、8000回以上は、悔しい思いをしてきている。それと常に自分なりに向き合ってきたこと。誇れるとしたらそれ」

失敗した時の、自分との向き合い方。これは野球人以外も参考にすべき点があると思う。

日米通算4257安打

イチロー、日米通算4257安打達成

日米通算4257安打を、マーリンズに所属する2016年に達成した。それまでのピートローズの記録を超えた

「ここにゴールを決めていなかった」

「僕は子供の頃から人に笑われてきた頃を、常に達成してきた小学生の頃に、毎日野球練習して、近所の人から、あいつプロになるのか。と笑われてきた・・・・何年かやって日本で首位打者になって・・・アメリカに行くときも首位打者になりたいと言ったら笑われた・・・でも2回達成した・・・

笑われた歴史・・・悔しい思いを、これからも達成していきたい」

選手としての姿勢

そして、この頃(ヤンキース時代以降)になると、代打、控えなどの場面が多くなる。

普通のスター選手であれば、ここらで引退というのが、普通。しかし、イチローは違う。

スタメン落ちしても、自分の代打としての役割を全うしてきた。それが彼自身にとっても、1つの誇りになっている

2018年 古巣マリナーズに帰る

「僕は最低50歳まで」そう宣言し、古巣マリナーズでプレーを再開する。

しかし、2018年5月。「ほぼ実質の現役引退かー?」と囁かれたのが、「会長付き特別補佐」という異例のポジションについたことだ。

ベンチには入らないが、練習にも同行し、選手たちにとって、プレーはもちろん、野球に対する姿勢や、哲学などを伝えることもチームから求められる立場になる。

そして、2019年には現役としてのプレーを再開するという話になっていた。

そして、2019年。日本での開幕第2戦。それまで無安打が続いており、ついに引退の噂も立ち始めていた。その試合中に、「一線を退く」という一方が知らされる。

長い現役生活、27年。本当にお疲れ様でした。AbemaTVでは試合後のインタビューを生配信していたので、実況ツイートをしました。全てではないですが、こちらに記録します。

引退会見発言集

引退を決めたのはキャンプ

「マリナーズでゲームに出れなくともチームに残った誇り」

「貫いたのは野球を愛したこと」

「野球を楽しんだのは1994年シーズンまで」

「今日の球場を見たら、後悔があろうはずがない」

「目標を言葉に表現するのは近づく方法なのではないか」

「明日もトレーニングする」

「監督は絶対ない。人望がない」

妻には3000個おにぎり作らせたかった

翔平は世界一にならなきゃいけない

イチローの書籍

自己を変革するイチロー

イチロー式突破力

イチロー魂の言葉

イチローの流儀

野球
スポンサーリンク
タザキをフォローする
サラリーマン副業のススメ