【美濃の蝮】斎藤道三の下克上は父の功績だった

スポンサーリンク
人物
この記事の所要時間: 129

下克上の斎藤道三は2人存在した?

下克上大名として有名な斎藤道三は、元々は油売りから戦国大名に成り上がったと思われています。しかし実は、武士になるまでのサクセスストーリーは、道三の父に関しての逸話でした。

スポンサーリンク

油売りをしていたのは道三の父

司馬遼太郎の小説『国盗り物語』に登場する斎藤道三は、僧侶から油売りを経て戦国大名まで成り上がった、下克上大名として描かれています。

だが、この道三像には大きな誤りがあったことが近年発覚しました。

『国盗り物語』によれば、道三は油売りとして全国各地は練り歩きながら、諸国の内情を偵察していた。そして、統一するための国として美濃国を選びます。

彼は土岐氏に仕官すると、すぐさま頭角を現し、土岐氏を追放して大名に成り上がってしまったのです!

まさに絵に描いたようなサクセスストーリーだが、この前半部の油売りから土岐氏に潜り込み、頭角を現すまでの半生は、実は道三の父の新左衛門尉によるものだったのです。

よそ者ゆえに内政はうまくいかず…

土岐氏の中で頭角を現した新左衛門尉だったが、志半ばでこの世を去ります。

そこで家督を継いだのが道三です。道三は主家筋の長井景弘を倒すと、土岐一族の内部対立に乗じてクーデターを起こし、当主・土岐頼芸を追放。

翌年には美濃国統一を達成しました。

こうして親子二代で『国盗り物語』を実現した道三だったが、よそ者国主と言うこともあって、内政面は失敗続き。。。

やがて息子の義龍によって隠居に追い込まれた道三は、義龍と戦うべく挙兵するが、あえなく討ち死にしてしまいます。

その後、孫の龍興の代で織田信長によって、斎藤家は滅亡。父と成し遂げた下克上も、美濃国統一からわずか三代にして幕を閉じました。

Translate »
error:Content is protected !!