ブログを50日連続更新して分かった【頑張らないで継続する仕組み】

今回50日連続ブログ更新を達成しました。

だからなんなの?って感じですが、実は意外と数字も上がっているんですよ。

こちらの有名ブロガーマナブさんのツイートですが、月間100万PVを誇る彼でも最も有効だったのが「毎日更新」だと言っています。ちなみにこの時点で650日。めちゃくちゃ長い。

マナブさんやイケハヤさんに学び私も毎日更新を継続しています。現在50日連続更新中です。ツイッターで毎日記事の更新、ツイート数、動画アップ数などを深夜23〜25時あたりにつぶやいています。

こんな感じで毎日箇条書きで成果と、一言コメントを入れています。これが意外にブロガーさんとかからはいいねを毎日されて。平均フォロワー100人に対して1人前後はいいねくれるかな?

そして50日すごくあっという間だったんで、継続するには熱意とか気力、努力よりも「仕組み」が大事だという事が分かったので今のノウハウを全部明かします。

1.数値化する

まずは数値のモチベーションっていうのは大事でしたね。結果がすぐ出るっていうのはモチベーションにけっこう影響しましたね。

ブログ

まずはブログの結果を公開していきますね。(元々特化ブログ1万PVネタ切れ→雑記に改造して激減→からの復活中なので具体的な数字公開は後ほど)

とまあこんな感じで連続更新1ヶ月超えたあたりから一気に伸び始めています。

ツイッター

ちなみにツイッターに関しても、2018年11月くらいまでは僕はbot流すくらいしかツイッターを運用しておらず、ブログの毎日更新とほぼ同じようなタイミングでツイッターもちゃんと更新始めました。

2018.112018.122019.125時点
ツイート5695178
インプレッション4,83612,027(+248%)39147(+325%超)
プロフアクセス37911572,063
@ツイート0528

とまあ、けっこう増えて、今日時点でフォロワーさんも682人になりました。

YouTube

YouTubeも開設したばかりでこちらは毎日更新はできていないのですが、平均して毎日更新しています。こちらも1ヶ月経過、動画数が50本を超えたあたりから少しずつ見られる動画が増え始めてきました。

やはり継続をすることによって、自分の予想とは違った動画がよく見られたり、見られるジャンルが定まってきたりします。

そしてこれだけ増加しているグラフを毎日眺めているとモチベーションが上がるんですよね。

結果が出ることが一番のモチベーションです。ですので、分析ツールは必ず入れておき、基本操作をマスター、毎日見る習慣をつける事ですね。数字が増える事でやる気もアップします。

2.努力自体をコンテンツ化する

 毎日更新してついに50日連続記事更新をしたので、その「継続している事」自体をコンテンツ化しているのがこの記事です。

人が成長してゆくのはコンテンツになるって事ですよね。例えば漫画の世界を見ていればわかります。例えばワンピースのルフィ。修行して2年後のストーリー新世界編に入りさらに勢いも魅力も増しました。

一つ上の世代で言えばドラゴンボール。悟空もどんどん成長していきます。最初の頃なんて天下一舞踏会で天津飯と決勝って、、、そんな天津飯もどんどん雑魚キャラになっていく。

どんどん桁違いの強いキャラが出てきては成長して強い相手を倒してゆく悟空。人は努力して成長してゆく人を見るのが面白いって事ですかね?

となれば、せっかくブログを書いたり動画を撮ったりツイッター頑張ったりしているのなら、その努力自体をコンテンツ化して、ブランディングもしちゃえば、一石二鳥です。

3.アイデアは24時間考えられる

まずは私のブログの編集画面の一部を載せます。

現在記事数は389本、まあ全然これからなんですが、見て欲しいのはそこではなく、「下書き」が166本あるんです。

そして私が書いているのは「雑記ブログ」です。基本的にテーマの縛りは緩いので、幅広い話題を扱います。

圧倒的なメモストック

なぜこれだけ下書きがあるかと言うと、皆がそうかはわかりませんが、私の場合は手を動かすスピードよりも記事ネタにしたいようなアイデアの湧くスピードの方が速いからです。

1000文字以上途中まで書いて一旦止めた記事もあれば、ほぼタイトルしか書いていないとか、1行しか書いていないメモ程度の下書きまで様々です。

これは下書き機能と「アイデアのストック機能」を兼ねているのです。

SHOWROOM社長の前田さんの「メモの魔力」は皆さんは読んでいますか?絶対読んだ方がいいですよ。メモとアイデアの重要性がわかりますよ。

書けない日は書きやすい下書きを消化する

これだけストックがあれば、その160本の中から好きな記事を選んで仕上げられるわけです。その日によって脳みその調子があるので、これいきたいな!と半分気分で決めています。

毎日毎日継続することの大変さは、人間には調子や気分が上下するので、調子の悪い日がいずれやってくるからです。しかし仕組み化によって防止ができます。

もちろん私も、今日は創造性が全然働かないなと思う日もあります。そう言う日は、ほぼ完成に近くてちょっと手を加えれば公開できるような記事を選んで、連続更新日数を伸ばしています。

そして記事の下書きストックは、日常の数分の隙間時間でメモしたり、概要だけ作ったり閃いた瞬間にいつでも書いています

アイデアは寝かせる事で良し悪しが分かる

アイデアを寝かせるって意味わかりますか?普通使わない言葉ですよね。

でもベストセラー本からの引用なんです。

他人と雑談していて、思いもかけないヒントが浮かんでくることもある。読書、テレビ、新聞など、どこにどういうおもしろいアイディアがひそんでいるか知れない。・・・(中略)・・・それではアイディアと素材さえあれば、すぐ発酵するか、ビールができるのか、というとそうではない。・・・”寝させる”のである。・・・ビールは一定の時間寝させておけばいいが、頭のアルコール作りは、ひとによって、また、同じ人間でも、場合によって、醗酵までに要する時間が違っている。

思考の整理学

よく「東大、京大で売り上げ1位」のような帯が付いているのですが、とても夢いな本です。少しアナログなイメージもありますが、アイディアを創造するということに関しては、アナログの方法もアリだと思います。

私は、記事のネタを下書きに大量に保存して、定期的に見返して、これは今だと思う醗酵したタイミングで記事化しているのです。

4.そもそも成功する見通しがあってから始める

最後に、そもそも論になるのですが、ビジネスでもなんでも、よくも悪くも奇跡なんて滅多に起こりません。

勝つものは勝つべくして勝ち、負けるものは負けるべくして負けています。

勝てる勝負しかしない

これは、「孫子の兵法」から抜粋した一文です。この本には戦いに勝つエッセンスが盛りだくさん。

勝敗は戦う前に決まっている。

敗者は 戦いの中で勝とうと努力をする

勝者は 勝てる態勢ができてから、負けると決まっている相手に 簡単に勝利する

https://history-wisdom.net/the-art-of-war/

戦いに挑む前に、そもそもその目標を達成するための見込みの分析が重要です。

そして絶対にこれなら継続できるというシステムを作ることが、継続には何よりも重要だと思います。

まとめ

この記事のポイントをまとめると、

  1. 数値化する
  2. 努力自体をコンテンツ化する
  3. アイディアは24時間考える
  4. そもそも成功する見通しをつける

でした。

ブログ
スポンサーリンク
タザキをフォローする
サラリーマン副業のススメ