脳科学から見る金持ちのお金の使い方

こんちは!タザキっす。

本日調べましたのは、お金持ちは、自分が好きなことで感動できるような体験(脳科学では「報酬」という)にお金を惜しまずに使っているということです。

なぜ、お金持ちの周りにはお金持ちが集まるのか。

つまり、お金持ちや一流の成功者は、人間関係にお金を使うことを感動体験の一つとして認識しているのです。

他人を喜ばす使い方をする

また、お金持ちは純粋に「他人を喜ばす」ということに自らの喜びを見出して、そこにお金をかけています。

これは自分が直面する「感動体験」にもつながっていることなのですが、このような習慣を身につけることができたならば、あなたは確実に最高の人間関係を築いていけるはずです。

脳は感動体験を何度も味わうことを求める性質があるのですが、お金持ちであればあるほどこの感動体験がより多く生まれる傾向があります。

それによって、無意識のうちにお金が増えるような人脈選択や行動を起こすことに繋がっているのです。

自分の向上心や好奇心を満足させる使い方

また、お金持ちになれば自分の好奇心や向上心を満足させるような人間関係を作り、そこに無意識に自己投資ができるようになるからです。

つまり、お金持ちになることで自分の人生の選択肢が増えるというわけです。

飛行機のファーストクラスや新幹線のグリーン車に乗る理由

出張で飛行機を利用するという人は多いでしょうが、このご時世にファーストクラスで移動をさせてくれるほど余裕のある会社は少ないかもしれません。

新幹線にしてもグリーン車を利用することもなかなか難しいでしょう。 しかし、お金持ちがファーストクラスやグリーン車に乗っているのは、ただ単にお金があるからという理由だけではありません。

快適な空間や上質なサービスがあるからということはもちろんですが、それ以上に大きな理由は、「人との出会い」を大切にしているからです。

飛行機のファーストクラスや新幹線のグリーン車に乗っている人というのは、ほとんどがビジネスマンとして成功している人たちばかりです。

確かに出費としては大きいのですが、このように発想を転換できる人がお金持ちへの人 ルートを築くことができるわけです。

お金は節約しても、 人間関係は節約してはいけない

お金はないよりもあったほうが人間関係をつくる機会が増えるのは当然のことなのですが、それはあくまで「お金は人間関係に使うもの」という前提があってのことです。

お金持ちになっても、お金を貯めることを喜んでいたり、預金額が増えていくことだけに喜びを見出したりしている限りはこの発想には及びません。

その一方で、お金持ちではなくとも普段は節約しながら、いざというときに「お金は人間関係に使うもの」という意識を持っている人はお金持ちになる素質があると言えそうです。

豊かな人生を実現できる可能性が高いでしょう。

まとめ

あなたも、お金持ちになるためのお金を使う習慣として「感動体験」をつくることがで きるような人脈づくりを意識してみてください。

お金と経済
スポンサーリンク
タザキをフォローする
サラリーマン副業のススメ

コメント