男女別!脳に響かせるほめ方、相談の乗り方

男性は解決脳、女性は共感脳でできている

以前の記事では女性の共感脳に響く「謝り方」について解説しましたがこちらの記事では「褒め方」を解説していきます。

女性に怒っている理由を聞くのは逆効果!?女心の共感脳に響く謝り方とは
女性が求めているのは、遅れた理由ではなく共感の言葉! タザキ 大切なデートの日に遅刻をしてしまった!こんなときはいかに上手に謝れるかが、その日のデートが台無しになるか何とか持ち直せるかの分岐点となります。 ...
タザキ
タザキ

男性が女性を褒める時、女性が男性を褒める時の参考にもしてください。

女性は話を聞いて共感して欲しい

カナちゃん
カナちゃん

私はあなたにアドバイスを求めているわけじゃないの。話を聞いてほしいだけなの!

これ、多くの男性が女性から言われたことがある言葉ではないでしょうか。男性は人から相談を持ちかけられたとき、一生懸命解決案を考えようとします。そして自分なりに答えを探し出してアドバイスをします。

ところが相談をしてきた女性は、男性のアドバイスに感謝をするどころか、むしろ不機嫌になります。

これは男性脳と女性脳の違いによるものです。一般に男性が人に相談するときは解決案を提示してくれることを求めています。
一方、女性は

タザキ
タザキ

ああ、それわかるよ。〇〇とか大変だよね。

というふうに、共感してくれることを相手に求めています。男性は解決脳、女性は共感脳と言われますがこの脳の違いがわかっていないと、男女のすれ違いが起きやすくなるわけです。

相槌をして聞いていることをアピールしよう


男性が女性の相談に乗るときには、「うんうん」とか「ああ、なるほど」といった 合いの手は入れながらも、基本的には相手の話をじっくりと聞いてあげることが大切です。途中で口を挟みたくなったとしても我慢します。

そして話を聞きながら、「彼女は何に悩んでいて、どんなところに共感してほしいのかな」と考えます。そのうえで彼女が一通り話し終えたあとに、共感してほしいポ イントを押さえたコメントをすれば、

「この人は私の悩みをわかってくれている。話を聞いてくれてありがとう!となるわけです。

カナちゃん
カナちゃん

ただウンウンうなづくよりも、具体的な言葉を入れて、本当に共感する言葉を言った方が有効なのよー。相手が感じている言葉を当てはめるの

難しい?それはコミュニケーション能力が低いから。結局は、恋愛はコミュニケーションなのですから。

恋愛は結局コミュニケーション

ちなみに、男女間でコミュニケーションのすれ違いが起きて、女性が怒り出したと きには、男性は
女って、なんて感情的な生きものなのだろう」と考えがちです。
しかし「女性=感情的」という思い込みは実は間違いです。むしろ男性のほうが衝動に弱くて自己コントロール能力が低いことが科学的にも明らかにされています。

女性の気分を左右する周期



女性の体内では、プロゲステロン、オキシトシン、エストロゲン、テストステロンの4種類の性ホルモンが分泌されており、生理周期によってそれぞれのホルモンの分泌量が変わってきます。

性ホルモンはその人の気分や感情に大きな影響をもたらすのですが、女性はホルモンの分泌量の変化による感情の起伏を一生懸命抑えながら心のバランスをとっています。それだけ自己コントロール能力が高いわけです。

一方、男性の体内に分泌される性ホルモンは、(テストステロンなどの)アンドロゲンの一種類。分泌量も常に一定です。

そのぶん普段は気分や感情が安定していても、何かあったときには自己コントロ ール能力が鍛えられていないために衝動的な行動に走りやすいのです。

男女関係にしてもつい魔が差して浮気をしてしまうのは男性のほうが圧倒的に多いのはそのためです。一方、女性の場合は覚悟を決めて浮気をします。ある意味浮気ではなくて本気です。

ですから男性は女性と会話をしているときに相手が急に怒り出したとしても、「だから女性は感情的なんだ」とは考えないようにしてください。きっと男性脳と女 性脳の違いを理解できていないあなたのコミュニケーションの仕方に、問題があるはずだからです。

男性には結果をほめ、女性にはプロセスをほめる


カナちゃん
カナちゃん

男性脳を持つ男性と、女性脳を持つ女性とでは、相手をほめたり認めてあげたりするときの「ほめポイント」も違ってきます。

男性は自分のプライドのためにウソをつくのですが、男性にとってプライドを保つことはそれぐらい大切なことです。

男はプライドが何よりも大事

ですからあなたが女性で、夫や彼氏を上手にほめることで喜んでもらいたいなら相手が何にプライドを持っているかをまずは把握することです。

そして、その部分を「すごいよね」「尊敬しているよ」とほめてあげるのです。あなたが男性で、妻や彼女を上手にほめたいのならば、ポイントはやはり「共感」。

女性は何より共感とプロセスがキーワード

たとえば彼女が会社の仕事で、自分が担当したプロジェクトをみごと成功させることができたとします。こんなとき男性をほめるのであれば、「あなたは実力があるからね。すごいよ」でいいのですが、女性の場合はこれではダメ。

タザキ
タザキ

あんなに一生懸命だったもんね。がん ばり屋だから、絶対にうまくいくと思っていたよ

というふうに、相手へのプロセスを示し共感を表すほめ方をするのです。

男性は、「自分が手に入れた結果や、その結果を手に入れるために発揮した能力」 をほめられると喜びます。

一方、女性は「結果を得るために費やした努力や手間、思いや姿勢」をほめられると喜びます。この男女の違いがわかるようになると、あなたのほめる力はぐんとアッ プします。

その他
スポンサーリンク
タザキをフォローする
サラリーマン副業のススメ

コメント