効率的な生活リズムとは〜睡眠、食事、風呂、時間、過ごし方について〜

効率的な生活リズムに関するまとめ

こんにちは、tazakiです。今日は久しぶりに更新します。
今日書きたいことは、とても重要なことであり、日々生活する中で最も重要な事、人生を左右するほどの事だと思い、自分の思考整理のためにもまとめる事にしました。
何かと言うと、効率的で自分が最も幸せになれる規則正しい生活を送りたいということです。
やはり、自分の能力を一番発揮したいし、心身の状態を一番よく保ってもいたいし。
成功者の習慣とか、色々あるじゃないですか。それらの総合版、を僕自身に合ったリズムでまとめる記事です。だから、今後も更新して変更されてゆく可能性もあります。とりあえず朝起きてから寝るまで、作ってみました!!

起床〜出勤

まず、朝起きる時間から。結論から言いますと、
僕は朝6時起床を自分基本ルールにする事にしました。ただし、出張やら、前日の残業やらで、寝る時間からずれてしまう場合は、睡眠時間の確保を優先します。
逆に、なんとなく寝られない、起きてしまった場合は、無理して寝ません(ロングスリーパーだからほとんどそんなことないけどね、、、笑)
ちなみに睡眠時間ですが、体質と経験と以下の動画参考にした結果、7時間を確保しようと思っています。よって寝るのは23時ですね。

朝起きたらする事

起きてからする事ですが、

  • 手足を冷やす。
  • 朝日を浴びる。(6時なら日本は日は上がっている。)

この2つを、夜の快適な睡眠に導入のために、そして1日を元気に過ごすために、朝に行いたいと思います。ちなみに、日光を浴びるのは数十秒でも効果ありと聞き、それなら実践できそうです。
そして、朝シャンは天パーを整えるために必須なので、必ず浴びています。出勤のために家を出るのは通常は8時頃ですので、普通に身支度していたら1時間以上は余ります。
この時間は、自分のブログ、サイト、サイドワーク、または読書、または資格の勉強など、自分のレベルアップのために使います。そして、ある程度頭を働かせてから、出勤です。

仕事中は集中する!

1日の中で最も多くの時間を過ごす事になる会社の仕事。
この時間は、それ以外を充実させるために、とにかく集中します。
そして、適度な疲れと達成感を仕事終わりに感じるためにも。
その中で1つ大事だなと感じたことがこれ。マルチタスクをしないこと。

マルチタスクはしない

これね〜、、、ついついやってしまいがちです。マルチタスク。
「やってる感」はすごくあるのですが、
「今日何をやったか」ではなく
今日何を終わらせたか」で尋ねると、
マルチタスカーは色々とつまみ食いばかりで肝心のタスクの終了が全然進んでいないとDaiGo氏が言っていてその通りだなと思い、一つのことに集中、1個1個を終わらせる!!を意識します。

帰宅〜夕食


家に帰宅します。これが日によって違うのですが、僕の場合はだいたい19時台。色々と逆算をしまして、 夕食は20時前後には食べ始めたいと思います。
というのも、家で食べていたら、ご飯はだいたい15分くらいで食べ終わります。
なので、通常日イメージとしては、19時半に帰宅しても、19時45〜50分くらいから準備して、20時に「いただきます」をします。その理由は、次に続きます。
そして、ご飯を食べる時は、食事に集中します。テレビも見ませんスマホもいじりません
ご飯を食べるということは、全てに通じる人間としての大事な活動。これにきちんと集中することで、他のあらゆることへの集中力も変わってきます。
もちろん、人と会食している時は、楽しく会話することは重要です。
これは、一人飯を家で食べる時の条件です。何も見ずに集中するということ。まあ、人と食べている時も、テレビは見ないほうがいいと思うし、スマホなんていじってたら失礼ですよね。

風呂〜就寝まで

風呂の時間は寝る何時間前?

まず、2つのポイントがあります。それは、寝る90分前に風呂に入る入眠がスムーズになる。ということと、
消化の都合上、ご飯を食べて風呂に入るまでは1時間近くは時間を空けたい。ということです。
寝る時間は23時でしたので、風呂を上がるのが21時半。だいたい15分くらいで上がれるので、21時15分くらいから風呂に入りたい。
そして夕飯はその1時間前くらいに食べ終わりたい。ということで、20時〜20時15分くらいが食事の時間という事になりますね。
これも、以下の動画と、自分の体の感覚で試してみて出した結果です。

消化にも良い就寝時間

そしてこの流れだと、ご飯を食べ終わってから寝るまでも3時間くらい稼げるので、消化にも良いです。

飲酒も適度な量なら入眠を助けてくれる

ちなみに、飲酒は、ビールなら500cc1本、焼酎とか日本酒、ワイン、その他なら1合くらいなら全く問題なしというルールにしています。適度な量なら入眠もしやすくなります。

寝る前の過ごし方

そして、風呂上がってから、寝るまでは、体が自然に体温を下げて寝るまでの準備と、読書やブログなどをしながら、好きな音楽を聴いたりして、落ち着いて過ごします。

間接照明で落ち着く光の中で過ごす

寝る前の照明は、間接照明のみにしています。オレンジ色の光限定です。
かなり、落ち着きます。
間接照明を2つつけているので、ご紹介します。

まずはテレビ裏の照明。これだけだと若干部屋は感じはするけど、
映画とかみるときは、部屋の電気をこれだけにすると、これかなり良い雰囲気になります。これも、めちゃ安い。ぜひ楽天市場へ。

 

上記のテレビの後ろの間接照明と、、、もっとオススメなのがこちら!

メインとなる間接照明。なんとこの照明、めっちゃ安いんですよね。5000円しません某有名メーカーでパッと見同じ商品だと、値段3倍します。
安いのに、雰囲気もなかなかいいですよ。落ち着きます。若干触ってみると安い感じはあるけど、見た目としては申し分ないデザインだと思い、お気に入りの照明です。

 

部屋の灯りって、かなり大事です。特に、寝る前はこのオレンジ色の光に変えて、本当に良かったなって思っています。

まとめ

6:00起床 手足を冷やす、太陽の光を浴びて体内時計をリセットする。
8:00出発
8:00~18:00仕事中は、マルチタスクをしないで集中し、適度な疲れと達成感を味わえるように。
19時台帰宅
20:00~20:20食事(集中して食べる。)
21:15~21:30食後1時間くらい空けて、お風呂
21:30~23:00読書、ブログ、個人の仕事、資格など自分の時間に。好きなBGMと間接照明の空間で。
23:00就寝

これが、現時点での最適な生活を送るためのタイムスケジュールです。しばらくは、通常の日はこれで過ごしてみようと思います。

価値観
スポンサーリンク
タザキをフォローする
サラリーマン副業のススメ

コメント