【書評】才能を見つけるヒントに『さあ、才能に目覚めよう』

書評

動画バージョンはこちら

強みが分かるストレングス・ファインダーは超オススメ

大学時代に買って、面白かったので、社会人になった今読み直して見た本です。『さあ、才能に目覚めよう。あなたの強みを見出し、活かす。』(日本経済新聞出版社)を紹介します。

この本の特徴と言えば、本にIDが付いていて、ストレングス・ファインダーというWEBでテストを受ける事で、あなたの才能を5つ抽出してくれます。全部で34種類あり、その中から、1番〜5番目に強いあなたの強みを教えてくれます。(※注意なのが、中古でこの本を買わない事!まずIDが使用済みだと思うので、テストができなければこの本の価値はかなり下がると思います。)

才能の種類

34種類の才能とは、
アレンジ、運命思考、回復志向、学習意欲、活発性、共感性、競争性、規律性、原点思考、公平性、個別化、コミュニケーション、最上志向、自我、自己確信、社交性、収集心、指令性、慎重さ、信念、親密性、成長促進、責任感、戦略性、達成欲、着想、調和性、適応性、内省、分析思考、包含、ポジティブ、未来志向、目標志向
の、34個です。この中から、テストによって、あなたの才能の5つを割り出します。

僕の事例

僕の場合の事例をご紹介します。

1位:最上志向

1番強いのが、最上志向でした。何かというと、

 

優秀であること、平均ではなく。これがあなたの基準です。平均以下の何かを平均より少しに引き上げるには大変な努力を要しますが、あなたはそこに全く意味を見出しません。同様に努力を要しますが、平均以上の何かを最高のものに高めることの方が、はるかに胸躍ります。自分自身のものかと他の人のものかにかかわらず、強みはあなたを魅了します。・・・(略)・・・あなたは、あなたを型にはめて、弱点を克服させようとする人々を避ける傾向があります。あなたは自分の弱みを嘆きながら人生を送りたくありません。それよりも、持って生まれた天賦の才能を最大限に利用したいと考えます。その方が楽しく、実も多いのです。そして意外なことに、その方がもっと大変なのです。

こんな感じです。調べてみると、日本人には「最上志向」の人がけっこう多いようですね。あの勝間和代さんも、最上志向が入っているようでした。

2位:社交性

社交性がこんなに上位だったのは自分では以外ですが、確かに、新規開拓が好きな人間だし、初対面はけっこう得意です。だいたいは、いい印象持たれます。そして、人見知りすることが全くありません。

 

あなたは知らない人と出会い、彼らにあなたを好きにさせることに挑戦するのが大好きです。あなたは見知らぬ人を怖がることがめったにありません。むしろあなたは見知らぬ人に元気付けられます。あなたは彼らに惹かれるのです。・・・(略)・・・そしていちどそのような関係が出来上がると、あなたはそこでそれを終わりにして、また次の人へ進みます。これから出会う人は大勢います。新しい環境を築く新たな機会があります。これから交流を持つ新しい人の群れがいます。あなたにとって友達でない人いません。ただまだ会っていないだけなのです。たくさんの友達と。

3位:競争性

3つ目は、競争性でした。

 

競争性の根源は比較することにあります。世の中を見渡すとき、あなたは直感的にほかの人の成果を気にしています。彼らの成果は究極の評価基準となります。あなたがどれほど頑張っても、あなたの目的がどれほど価値のあるものであろうと、競争相手を超える出来栄えで目標にただ到達していなければ、その成果が無意味に感じられるのです。・・・(略)・・・あなたは競争相手を好みます。なぜなら、彼らはあなたを奮い立たせるからです。あなたはコンテストが好きです。コンテストには必ず勝者がいるからです。特に、勝つ可能性が高いとわかってるとき、あなたはコンテスト好みます。

確かに!!!勝負事は好きだし、めちゃくちゃ負けず嫌いなので、勝ち負けがつくような仕事が向いているということでしょうかね。

4位:分析思考

4位は分析思考でした。理屈っぽいところはあるし、自然とすぐ分析してしまっているかもですね。

 

分析思考という資質を持つあなたは、ほかの人に「証明しなさい。あなたの主張がなぜ正しいのか示しなさい。」と強く要求します。このような詰問を受けると、自分の素晴らしい理論がもろくも崩れ落ちるのを感じる人もいます。これがまさしく、あなたの意図するところです。あなたは必ずしも他人のアイデアを壊したいわけではないのですが、彼らの理論が堅固であることを強く求めます。あなたは自分自身を、客観的で公平であると考えています。あなたはデータを好みます。データは人々の考えに左右されず、ありのままだからです。・・・(略)・・・人はあなたのことを論理的で厳格であると思います。その人たちは、いつかあなたのところにやってきて、誰か他の人の「非現実的な考え」あるいは「整理されていない考え」を話し、あなたの研ぎ澄まされた思考から見た考えを聞くでしょう。あなたの分析結果を伝えるとき、できれば決して厳し過ぎないようにしましょう。さもないと、その「非現実的な考え」が彼ら自身の考えである場合、その人はあなたをわざと避けるようになります。

でも、分析したり考えることが好きなので、これが入っているのは、なんか嬉しいですね。

5位:個別化

個別化、でした。これは何かっていうと、、、

 

あなたは個別化という資質により、一人一人が持つユニークな個性に興味を惹かれます。あなたは一人一人の何か特別なところ個性的なのかを覆い隠したくないので、人を一般化したり、あるいは類型化することに我慢できません。むしろ、個人個人の違いに注目します。あなたは本能的にそれぞれの人の性格、動機、考え方、関係の築き方を観察しています。あなたはそれぞれ人生における、その人にしかない物語を理解します。・・・(略)・・・あなたはほかの人の強みをとても鋭く観察する人なので、一人一人の最も良いところを引き出すことができます。この個別化という資質は、あなたが生産性の高いチームを作ることにも役立ちます。完璧なチームを作るにあたり、チームの「組織構造」や「作業手順」に着目する人もいますが、あなたは優秀なチームづくりの秘訣は、各自が得意なことを十分にできるような、強みに基づく配役である、ということを本能的に知っています。

僕のこの記事
これからの時代、表現力と発信力をつけると得する
で、誰もが「その人だけの感性に価値がある」とか、書いていたんですよね〜。この考えって、まさに個別化の特徴だったのかなって思います。だから、誰もが自己実現できる社会っていいな〜とか思っているんです、僕は。まさに、その人の物語を表現できる世界があって、それに、どこかの誰かが共感して価値を生み出すことができたら、それってすごく良い世界だと思うんですよね。
後半の部分もめちゃくちゃ納得。誰もが一番得意なことをやって、それをちゃんとマネジメントする人がいたら、最高の組織になると思います。人を類型化したり決めつけたりせずに、その人を見極めることによって。

まとめ

僕の場合は、

  1. 最上思考・・・得意なことを最高まで持って行く事に興味がある
  2. 社交性・・・新しい人にどんどんいける
  3. 競争性・・・競争が好き。そして負けず嫌い
  4. 分析思考・・・分析大好き。
  5. 個別化・・・その人の独自の物語に興味あり。みんな得意なことしたら良い。

こんな感じで、すごく参考になりました。他にも29種類の特徴があります。

再度注意ですが、中古で買うと、多分テストができないので、新品を買うことをおすすめします。
ちなみに、こちらの公式サイトから、本を買わずにテストだけする方法と、5位以降も知る方法もあるようです。興味がある方はぜひ見てみてください。一度こういうテストをして、自分を客観的に知るのも良いと思いますよ。

書評
スポンサーリンク
タザキをフォローする
サラリーマン副業のススメ

コメント