花魁はどんな一日を送っていたのか?

スポンサーリンク
仕事
この記事の所要時間: 241

江戸時代の風俗嬢・花魁の一日について

 

彩葉
彩葉

はい、男の人たちが大好きな、

吉原で最高ランクの遊女といえば、太夫(たゆう)花魁(おいらん)と言われています。

違いは以下にまとめました。

 

「花魁」・・・高級遊女に対する呼称
「太夫」・・・主に芸事をサービスする芸妓の最高位の称号
tazaki
tazaki

彩葉ちゃんに紹介されるとヤラシイ話を想像してた自分が恥ずかしくなってきたぞ。

 

彩葉
彩葉

本当、ちゃんと彼女いるくせになんでそんな所行こうとするわけ?田崎くん。

tazaki
tazaki

・・・

 

男にも色々事情ってものがあるんですよ。。。

 

彩葉
彩葉

ふーん。ま、君の事情なんてどうでもいいけど☆

スポンサーリンク

花魁の1日は大忙し

夜の仕事のイメージが強いですが、

けっこう忙しい1日を送っていました。

客が起きる前に起床

18世紀の終わり頃には、太夫はいなくなり、花魁が最高の遊女となった。

その花魁の朝は意外に早い。

前の晩からともに寝ている客がいれば、その男とともに起き出した。

客はたいてい仕事を持っているから、朝早くから勤めに出かける。

となると6時前には起きて、客を送り出さなければならない。

早いときは、4時ごろには起きていた。

そのあと、しばらく睡眠をとるが、いつまでも寝てはいられない。

入浴へ

午前10時ごろには起きて、遅めの朝食をとった後、入浴に向かう。

吉原の風呂屋は正午には閉まったので、それ以前に入浴をすませる必要があったのだ。

正午から昼見世がはじまるが、花魁クラスはまだ出番ではない。

化粧と着付けに2時間かかる。客への手紙も

風呂から上がれば、 化粧と着付けの時間だ。下地から塗りはじ めて、ゆうに2時間はかかったという。

2時ごろには化粧と着付けが終わり、昼食はこのあとにとった。

このあと、花魁道中までしばしの時間がある。

その時間を利用して、馴染みのお客に手紙を書く。

ときには、おねだりの手紙も書く。客からの手紙が届くのも、このころだ。

暇なときには、貸本屋の本でも読んでいる。

花魁道中

夕方四時ごろになると、いよいよ花魁道中が始まる。妓楼から茶屋まで、せいぜい 100メートルの道のりだが、10センチもある高下駄でゆっくり歩くため、かなりの時間がかかった。

午後6時ごろから、その日の客を相手に酒宴となる。

酒宴には、芸者や取り巻きがついて派手なものになる。

客と一緒に床に入る床付けは、午後1時前後。

このあと、相手によっては、午前2時ころまで床で戯れる。花魁にはゆっくり眠る暇はなかったのだ。

tazaki
tazaki

こういう仕事も準備や化粧、常連客への手紙など大変なんだね。

当然夜だって遅いしな。

Translate »
error:Content is protected !!