日本の甘い食べ物の歴史

スポンサーリンク
食文化
この記事の所要時間: 247

日本の甘い食べ物の歴史

みなさんは、甘いものは好きですか??私は、大好きです!和菓子も、洋菓子も好きです。

今でこそ、コンビニやスーパーでも手軽になんでも手に入ります。そこで、日本の甘い食べ物のルーツを調べてみました。

食は、その土地の文化や歴史を表します。地域別にその歴史をご紹介していきます。

スポンサーリンク

名古屋圏

名古屋圏は、甘いものが多いです。

小倉トースト、しるこサンド、コメダ珈琲


八丁味噌は三河の徳川家康の影響もあるようです。

家康は健康オタクで、質素な食生活を好みました。

八丁味噌は栄養価の高さから、好んだそうです。

赤味噌がこれで名古屋に根付いたと言われます。

味噌カツ、味噌煮込みうどんは、名古屋のソウルフードです。

 

赤味噌の文化もここから生まれました。

歴史的な味覚が、今も残っている名古屋でした。

 

九州地方

砂糖が伝来したのは、鑑真が渡来した時です。

そして輸入量が大きく増えたのは、江戸時代。

つまり長崎の出島に入ってきたのです。

そこで砂糖を使ったお菓子作りも同時に伝わります。

長崎銘菓のカステラ、南蛮菓子の丸ボーロ、小城羊羹、ひよこ饅頭、、、

佐賀、福岡にもお菓子作りが広まりました。

砂糖あったところに、銘菓あり、です。

 

江崎グリコ、森永製菓の創業者は佐賀出身。

みんなも好きな商品があるのではないでしょうか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

江崎グリコ セレクション・ザ・グリコ<ボックス>【1six】
価格:1080円(税込、送料別) (2017/5/15時点)

 

 

北海道

明治以降開拓された北海道。

当時は、砂糖は本州から持ってこないと食べられないものでした。

たまに手に入り、納豆などにかけるのが最高の贅沢だったといいます。

大正になると、砂糖の原料の甜菜(てんさい)が栽培されました。

それから、砂糖食文化が広まります。

雑誌情報ですが、北海道では、トマト、納豆、茶碗蒸しに砂糖をかけると言います。

アメリカンドッグにも砂糖をかけるとか?

保存のための砂糖

暖かい地域ほど、保存性を高めるために砂糖を用いました。

だから、九州の醤油は甘いのですね。

煮物も、九州の筑前煮は甘いです。

対して、寒い地域では、塩蔵が保存方法として発達しました。

だから東北の煮物は醤油ベースですね。

 

砂糖に歴史あり!いかがでしたか?

食から歴史を辿るのも、面白いですね。

近年では、海外の物も手軽に手に入り、

野菜や果物も、旬の時期でなくとも手に入ります。

「身土不二」という言葉があります。

詳しくは別の機会にしますが、その土地で、その時期に採れた物が一番体に良いという意味です。

昔はそれが当たり前だったのに、便利さとともに失ったものもあるのではないでしょうか?

、、、歴史から色々辿ると止まりませんね。

ここまで読んでいただきありがとうございました!(^^)

 

コメント

Translate »
error:Content is protected !!