人物

スポンサーリンク
人物

天草四郎という16歳の少年が一揆のリーダーになれたたった1つの理由

天草四郎は「宣教師のお告げ」でカリスマになった こんにちは、tazakiです。16歳って言ったら今では全然少年ですが、昔で言ったらけっこう大人だったのでしょうか?16歳がカリスマ的な魅力で多くの農民たちを率いた理由は、彼が予言者が予言して...
人物

高野長英の性格が分かる言葉

秀才・高野長英の考え方が分かる言葉 高野長英とは、幕末の超秀才の蘭学者でした。開国して日本も外国に学ぶべき、という思いで書いた書が幕府に弾圧され獄に入れられるなど厳しい人生でした。しかし、脱獄してまで開国を伝えた彼の行動と言葉から、本当の...
人物

大久保利通の言葉から見る性格とは

大久保利通といえば、西郷隆盛とともに倒幕運動に邁進し、薩長同盟を実現した「維新の三傑」の一人でもある優秀な人間です。彼の名言からは実務能力が噂通りに高かったことが想像できます。それだけでなく人間味のある男でもありました。西郷が亡くなった後、本当に正しい彼の伝記を重野安繹に書かせようとしたのが、大久保なのです。
人物

西郷隆盛の名言から見る性格

『総じて人は己に克を以て成り、自ら愛するを以て敗るるぞ』と言う言葉は『南洲翁遺訓』と言う西郷隆盛の言行録の中の言葉です。彼は正しいことを行って入れば天が見ているという誠実な考えを持った男でした。それに対して、坂本龍馬と勝海舟も高く評価しています。
人物

土佐藩脱藩後の中岡慎太郎は長州藩のスパイ役

中岡新太郎は長州のために奔走しまくっていた 土佐藩を脱藩した中岡慎太郎は、あらゆる場所で情報収集をして走り回っていました。それもそのはず、脱藩志士を受け入れてくれる長州藩にはモノを言える立場ではありません。それだけ、脱藩というのは覚悟のい...
人物

【坂本龍馬】幼少期のオネショは大器晩成の証

坂本龍馬は 10 歳までオネショをしていた 坂本龍馬といえば、幕末のヒーローとして絶大な人気を誇っている、言わずと知れた志士です。歴史に詳しい方なら、幼少期は落ちこぼれでオネショも10歳頃までいていたという逸話もご存知ではないでしょうか?...
人物

【鎖国解禁】ペリー提督に学ぶ外交術とは?

鎖国が解かれたのはペリーのプレゼント攻撃 「ペリー来航→開国」の流れは、教科書で普通に習っているで当たり前の知識になっています。しかし、当時、鉄壁だった鎖国が簡単に破られるというのは、とんでもない天変地異なんです。実はそこには、ペリー提督の...
人物

【独眼竜】伊達政宗は料理研究家でずんだ餅も発明?

伊達政宗の料理へのこだわり 東北地方を席巻した戦国大名・伊達政宗は、実は料理が趣味でした。それもかなりの凝り性の性格ゆえに、料理への執着とこだわりは周囲を驚かせるほどでした。そんな彼はいくつかの料理の発明もしており、仙台名物のずんだ餅も彼...
人物

【美濃の蝮】斎藤道三の下克上は父の功績だった

下克上の斎藤道三は2人存在した? 下克上大名として有名な斎藤道三は、元々は油売りから戦国大名に成り上がったと思われています。しかし実は、武士になるまでのサクセスストーリーは、道三の父に関しての逸話でした。 油売りをしていたのは道三の父 ...
人物

幻の徳川内閣とは

あと一歩で幻となった徳川内閣とは 260 余年に渡り江戸の世を統治した徳川将軍家。明治維新後、15 代当主徳川慶喜は謹慎を命ぜられ、徳川家は国政の舞台から姿を消すこととなるが、かつて総理大臣になりかけた徳川家の当主がいた。その人物の名前は...
スポンサーリンク