人物

スポンサーリンク
人物

西郷隆盛の名言から見る性格

『総じて人は己に克を以て成り、自ら愛するを以て敗るるぞ』と言う言葉は『南洲翁遺訓』と言う西郷隆盛の言行録の中の言葉です。彼は正しいことを行って入れば天が見ているという誠実な考えを持った男でした。それに対して、坂本龍馬と勝海舟も高く評価しています。
人物

土佐藩脱藩後の中岡慎太郎は長州藩のスパイ役

中岡新太郎は長州のために奔走しまくっていた 土佐藩を脱藩した中岡慎太郎は、あらゆる場所で情報収集をして走り回っていました。それもそのはず、脱藩志士を受け入れてくれる長州藩にはモノを言える立場ではありません。それだけ、脱藩というのは覚悟のい...
人物

【坂本龍馬】幼少期のオネショは大器晩成の証

坂本龍馬は 10 歳までオネショをしていた 坂本龍馬といえば、幕末のヒーローとして絶大な人気を誇っている、言わずと知れた志士です。歴史に詳しい方なら、幼少期は落ちこぼれでオネショも10歳頃までいていたという逸話もご存知ではないでしょうか?...
スポンサーリンク
人物

【鎖国解禁】ペリー提督に学ぶ外交術とは?

鎖国が解かれたのはペリーのプレゼント攻撃 「ペリー来航→開国」の流れは、教科書で普通に習っているで当たり前の知識になっています。しかし、当時、鉄壁だった鎖国が簡単に破られるというのは、とんでもない天変地異なんです。実はそこには、ペリー提督...
人物

【独眼竜】伊達政宗は料理研究家でずんだ餅も発明?

伊達政宗の料理へのこだわり 東北地方を席巻した戦国大名・伊達政宗は、実は料理が趣味でした。それもかなりの凝り性の性格ゆえに、料理への執着とこだわりは周囲を驚かせるほどでした。そんな彼はいくつかの料理の発明もしており、仙台名物のずんだ餅も彼...
人物

【美濃の蝮】斎藤道三の下克上は父の功績だった

下克上の斎藤道三は2人存在した? 下克上大名として有名な斎藤道三は、元々は油売りから戦国大名に成り上がったと思われています。しかし実は、武士になるまでのサクセスストーリーは、道三の父に関しての逸話でした。 油売りをしていたのは道三の父 ...
人物

幻の徳川内閣とは

あと一歩で幻となった徳川内閣とは 260 余年に渡り江戸の世を統治した徳川将軍家。明治維新後、15 代当主徳川慶喜は謹慎を命ぜられ、徳川家は国政の舞台から姿を消すこととなるが、かつて総理大臣になりかけた徳川家の当主がいた。その人物の名前は...
人物

【越後の龍】上杉謙信の本当の死因とは

上杉謙信の急死は信長による暗殺!? 1578年3月、軍神と謳われた上杉謙信がこの世を去りました。近年の研究では、死ぬ間際まで行っていた遠征準備は、関東侵攻のためとも、織田信長打倒のためとも言われているが、真相は未だにわかっていない。死因は...
人物

源義経の性格は意外と軟弱だった

伝説のヒーロー・源義経はろくに弓も弾けない軟弱男? 勇猛果敢の武将として多くの語り継がれる源義経。 彼の活躍は平気物語に綴られていて、平家に勇敢に立ち向かっていた姿がうかがえます。 しかし実は勇猛なイメージを守るために必死で、非力なた...
人物

クラークの『少年よ大志を抱け』の名言には続きがあった!?

クラーク博士の名言の続きとは?  " Boys be ambitious " 『少年よ大志を抱け』と翻訳されるこの言葉は、札幌農学校の初代教頭を務めた、ミディアム・スミス・クラークが、学校を去るときに残した言葉と言われています。しかしこの...
スポンサーリンク
Translate »
error:Content is protected !!