日本のキャッシュレス経済の現状

こんにちは、タザキです。昨年末頃から、PayPayをきっかけにキャッシュレスが日本でもどんどん浸透してきたイメージがありますが、実態はどうなのでしょうか?

増税のダメージをキャッシュレスで乗り切れ

政府がキャッシュレス決済の還元率発表

先日、経済産業省が消費税率10%引き上げに伴うキャッシュレス決済のポイント還元制度を正式に公表しました。

これはオリンピック対策でもあるキャッシュレスの浸透させることと、10月から消費税10%へ向けた需要平準化対策といわれています。

平成31年10月1日の消費税率引上げ後9か月間について、消費者がキャッシュレス決済手段を用いて中小・小規模の小売店・サービス業者・飲食店等で支払いを行った場合、個別店舗については5%、フランチャイズチェーン加盟店等については2%を消費者に還元します。

http://www.meti.go.jp/main/yosan/yosan_fy2019/pr/ip/shosa_08.pdf

決済事業者がポイントを提供し、政府がそのポイントの原資を補助する方針になります。この事業に投入される予算案額は2,798億円だそうです。

まあ、消費税が8%→10%になって、5%還元されるとなれば実質はマイナス3%で安くなる計算ですね。まあ、9ヶ月間だけですが、、、

でも、キャッシュレスを活用することが、増税による家計の消費額増額の対策になりそうです。

現状のキャッシュレス浸透状況は?

まず、日本のキャッシュレスの普及は、18%ほどで、先進国各国と比較してもあまり進んでいるとはいえません。ちなみに

  • 韓国・・・89.1%
  • 中国・・・60.0%
  • イギリス・・・54.9%
  • アメリカ・・・45.0%
  • インド・・・38.4%
  • 日本・・・18.4%

韓国すごいですね!韓国には、一人当たりGDPすぐ抜かされるんじゃないですか。。。今年か来年にも抜かれるんじゃないかといわれています。。。この辺のキャッシュレスとかの効率化一つとっても負けているんですよね。悲しい。

日本のニュースを見ても、街角アンケートなどではキャッシュレスは怖いだのめんどくさいだの、マイナスなイメージのオンパレードです。以下の動画の10:35〜あたりから街角アンケートが始まります。

便利でお得な「キャッシュレス決済」を徹底解説!

若い人でも、めんどくさい、分からない、という意見があったのが意外でした。

マジか、、、!

Twitter上の人たちはキャッシュレス前向き

ツイッターでアンケートをとってみました。

結果!ジャジャン!!

  • 完全キャッシュレス謳歌している・・・36%
  • これから慣れたい・・・44%
  • ちょっと怖い。現金派・・・8%
  • 始めの設定がめんどくさい・・・12%

なんと!!すでに3人のうち1人は、けっこう自分は使いこなせているという認識なんですね。

まだ慣れていない方でも、4割の人は、前向きにこれから使っていこうという姿勢です。ですので、合計して80%の人は、キャッシュレスに前向きであるということが分かりました。

やはりTwitterなどを使いこなしている人たちは、平均的にITリテラシーが高かったり、世間へのアンテナも張っているのだろうと思います!

そして、残りの1割の人はまだ不安が残っており、1割の人は設定に手こずっているということでした。

しかし、それ以外の不安としては、まだまだ地方に行くと環境が整っていないこともあります。

地方のキャッシュレス化はどうなるのか

こんなリプもありました、田舎の店、100均、個人経営の店ではまだまだ使えないと。

そう、これは時間がまだかかるでしょうね。。。

話に聞くのが、PayPayは、足を使った営業マンが、けっこう郊外の方とかにも足を運んでいるとのことなので、インターネットが苦手な世代にも、アナログ営業で普及していけばと思います。

こういう地道な草の根活動で、この「キャッシュレスアプリ戦国時代」の勝者がPayPayに決まっちゃったりするんじゃないかな〜とも思っています。

まとめ

増税も控え、オリンピックでは、キャッシュレスを進めないと外国人が日本でお金を落としてくれないので、キャッシュレスの波は避けれません!

これを避けていたら時代遅れになります!確実に!

なので、すでに利用できている人は、さらにお得なポイントを使い、これからの人も、どんどん積極的に使っていって、慣れていくことをオススメします。

キャッシュレス
スポンサーリンク
タザキをフォローする
サラリーマン副業のススメ