運を掴み取る!幸せになる考え方についての思考

信念

人生、「巡り合わせ」とか、「偶然」っていうことはすごく大事だなってことを感じました。近所のバーやカフェでたまたま面白い人に出会うとか、偶然の出来事が運命を大きく帰るとか、ロマンがあるじゃないですか。最近そう言うことがすごく多くて。近々発表したいと思っているのですが。
そして結果的には豊かな人生を送れています。どうして最近そうなっているか、今の考えと状況をまとめました。

ご縁や偶然を察知するには?

「巡り合わせ」とか「運」って、受け入れられる時にしか、やってこないんですよね。つまり、そのタイミングすら、いつも必然ってことです。

察知する感性を持っておく

察知できる自分の状態にしておく。という方が正しいかもしれません。自分自身が受け入れられる気持ちの余裕は必要です。そして、したくもない仕事がめちゃくちゃ忙しすぎるとか、日々文句や愚痴ばかり言っているとか、そんな状態では人は寄ってきません。

まずは土地を知る。郷に入っては郷に従う。

今住んでいる土地には、何かしらご縁があって、たどり着いたわけだから、まずは歩いてみて、その土地の風土に慣れ、言葉に慣れ、そこの食べ物を食べてみる。
そこでも、何かが生まれる可能性がある。

自ら行動をする

これが、そもそも必要です。これがなければ、何も始まらないと言い切れます。なんでも良い。したいことをする。初めての場所に踏み入れるとか、誰かを飲みに誘うとか、合コンに参加するでも良い。してみたいことを、まずはしてみること。

幸せを掴む3つのことは?

1.信じること

運命であったり、神様が与えてくれたものでえあったり、自分の直感だったり。
人生なんて、本当に不確かなものばかりです。
確かなものなんてありませんし、100%なんてありません。
不確かで手探りの中で、みんな生きているのです。
その中で、自分が後悔しない道、自分が一番心の底から自分に嘘偽りなく信じられる道を選んでゆく。自分への嘘だけは、絶対につかない方がいいですね。
どうしてもそれに反する行動をしなければならない時もあるかもしれない、大人なんだから色々あるし。でも、自分の心の中の思いだけは、絶対に誰にも邪魔されないし、誰にも支配されてはいけない。

2.受け入れる心を持つ

今、良いことと思えることが、後々、いいことになるかもしれない。
その逆で、今は悪い出来事に見えるけど、後々そうなって良かったと思えるかもしれない。
万事塞翁が馬。
しかし、大きなこと、衝撃的なことが起こると、そういつもすぐに受け入れるのは難しいことです。でも落ち着いて、気持ちに余裕がなければいけない。
自分なんて、この世界のこと、1%も知らないんだから、まず受け入れてみよう。
それが、後々、素晴らしい未来に繋がるから。

3.感謝すること

感謝の気持ちは、表現をしなければならない。相手にも色々な思いがあり、色々な責任、不安、みんな持っている。
会社の人なら、自分の生活、家族、責任、きっと不安のない人なんていない。友達だって、プライベートなこと、仕事、恋愛、色々考えている。
恋人、奥さんだってたくさん背負って生きている。みんなそれらを、あなたと同じように心の奥に持ちながら、日々社会で頑張っている。
そんな中で、あなたと今、関わっている人たちに、感謝をしなければならない。それは、大事な時には、もちろん、日頃から小さな感謝でも表現していることが、人間関係を円滑にする潤滑油であると思います。

信念
スポンサーリンク
タザキをフォローする
サラリーマン副業のススメ

コメント