ビジネスモデル16選

副業なり、個人事業的に始めるにしろ、最初にアイデアを考えた次に考えるのはビジネスモデル。

ビジネスモデルには決まった型がありますので、その型をまとめて紹介する。

1.広告業

街中で広告を見かけない日はない。

今や街中だけでなくネット上にも広告が溢れている。副業や週末起業でオススメは、ブログやYouTubeを開設して広告を貼るビジネスモデル。

初期費用が、ブログの場合は無料ブログを使えば0、YouTubeは完全に0で始められる。手始めに得意な分野のトーク動画をあげてみてはいかがでしょうか?

ブログならある程度閲覧が増えてからGoogle Adsense に申し込みをして合格したら、広告を貼れる。ブログは1クリック30円前後の単価ですかね、一般的には。

Youtubeなら、チャンネル登録者が1000人、月の閲覧時間数が4000時間以上になれば広告が貼れます。動画の場合は、1再生0.1円とかですね。実際のyoutuberの動画の再生数に掛け算してああ、この人でこのくらいかってイメージしてみてください。

2.クラウドソーシング

副業するならまず思いつくのがクラウドソーシング。会社からタスク単位で、仕事を受注できるシステム。一つのプラットフォームに、仕事の発注者と受注者をマッチングしてくれるシステムがあるので、そこに受注者として登録すればいいわけです。

初心者は大手からはじめてみましょう。2大サイトは、クラウドワークスとランサーズです。主婦でも、サラリーマンでも、個人事業主になれます。

在宅ワークならクラウドワークス クラウドソーシング「ランサーズ」

3.ネット販売業

インターネット上で商品を販売するビジネスモデルです。最近では note なんかがけっこう盛り上がっていますよね。

note は比較的単価が安い。数百円から、高くても1万円未満。他の情報商材よりもクリアなイメージがあるので、流行っているのかと。

私もいくつかの有料ノートを買いました。やまけんさんと、ななえもんさんのTwitter攻略note かな。有料のは。

ただ、最近のnote って似たようなテーマのものばかりで全然面白くないから全く違った毛色のが読んでみたいけどな。

4.コンシェルジェ(管理人)

コンシェルジェとは、本来「案内人」という意味です。ホテルのコンシェルジュのイメージが強いが、最近は色々なコンシェルジェがいる。

ちょっとSNSやweb検索をして見るだけでも、マンション、ホテル、島案内、野菜(!?)、映画、駐輪(!?)、受験、住まい、投資、競馬、、、等々

一つのことに対する専門家だったらコンシェルジェを名乗ることは可能なのでしょう。

ビジネスモデルとしては、欧米の事例なども調べてみるといいかもしれない。

5.仲介ビジネス

仲介ビジネスの代表格といえば、不動産だったり、人材ビジネスなどがあげられるだろう。個人でも無理ではないモデルだ。

そしてメリットもある。それは初期投資があまり必要ではないことだ。資金があまりなくても始められる。いわゆるブローカー的な仕事は原資がなくても情報さえあればいい。

仲介ビジネスはストック型ではなくフロー型のビジネスだから、いくら頑張っても頑張り続けなければならない。その辺は、私はあまり興味はないところだが。

6.フランチャイズ

代表的なフランチャイズビジネスといえばコンビニが思いつくのではないでしょうか。

フランチャイズ契約をして、毎月加盟料金を払ったりしてそのブランドの看板を借りて事業を立ち上げられます。

私もコンビニ以外のフランチャイズ業界の経験はあります。加盟店側(フランチャイジー)としてビジネス展開するなら、加盟料金という負担がある分、勢いがあるグループに乗っかりたいところ。

本部(フランチャイザー)にとってはやはり規模を大きくすることは大事。そして大きくなった時にやりくりさせる仕組みづくりが最重要。でないと拡大できない。

7.メンバーシップビジネス

これまでの経済では「所有」が価値であった。マイカーを持つ、マイホームを持つことが当たり前だった。

しかし今はどうだろう。車はレンタル、リース、UberでOK、マイホームもいらない、賃貸、シェアハウスで充分。ホリエモンなんかもホテル暮らしをしている。

所有→「共有・体験」できればいいという時代になってきている。そこで生まれたのがメンバーシップビジネスだ。

エクシブホテルなどのリゾートホテルが例としてあげられるだろう。

8.アフィリエイト

ネットでの紹介業だね。ブログやサイトを作って、商品のリンクを貼り、そこから購入に至ったら購入金額の一部が入るというシステム。

最近ではだいぶメジャーになってきた副業でも代表的なビジネス。

ただし難易度は簡単ではない。素人が数十万でも稼ごうと思ったら軽く数年かかるだろう。ただし成功すれば、一人でも年収数千万円稼げる可能性もある。

シコまで努力を継続できるかどうかが鍵だ。

9.フリーミアム

基本的に自分のサービス作るので、ハードルは高い。あるサービスを基本は無料で提供させて、一定の機能を拡張させるために有料に登録させるビジネスモデルだ。

YouTubeとかはこれが当てはまるのかな。YouTubeはちょっと特殊かも。登録者がわにとっては、アフィリエイトも広告業も当てはまる。

基本的は、無料で使えるけど、プレミアム(月額1500円)に入ると、広告を消すことができたり、オフライン再生ができたりする。

無料機能でユーザーをたくさん集めて、その中の一定数が有料に登録するというビジネスモデルだ。

10.リース(賃貸)業

コピー機リース、賃貸アパートなど、貸し出すことで月額の賃貸料を稼ぐビジネス。ちなみにアパートの賃貸は、無資格で誰でも行うことができる。

宅建の免許もいらないのだ。

だからよくいるアパートの大家さんとかは、本当に素人だ。サラリーマンでも、ご主人さんはサラリーマンで、奥様に賃貸経営者をさせて節税しているツワモノもいるくらいだ。

11.従量課金型ビジネス

使ったら使っただけ課金されるビジネスだ。事例としては携帯電話や、水道、光熱費などのライフラインなど。

インフラ的なビジネスでこの形が多い。

12.サプライ品モデル(ジレットモデル)

製品の本体を無料、または低価格で提供し、付属品を消耗品として継続的に販売することで利益を維持していくビジネスモデル。アメリカのジレット社が採用したことがきっかけでこの名前になっている。

他の事例としては、

  • コピー機・プリンター(無料貸し出し)で、インクジェット(消耗品)
  • ウォーターサーバー(無料貸し出し)で、水(消耗品)
  • コーヒーメーカー(無料貸し出し)→コーヒー豆(消耗品)

などがある。

13.逆(リバース)オークション

買い手が売り手を選定する逆(Reverse)のオークションである。

最高金額がスタート価格として提示され、設定時間内にどんどん価格を下げていく手法がとられる。

この場合、最後ではなく最初に応札した希望者が購入可能になります。

最初の応札者は、自動的にその場で最も高い金額を提示した者となるため、「最高価格提示者=落札者」という図式は普通のオークションと変わらない。

つまり「どんどん値下げされる中で誰が最初に買うか?」という形である。

14.サブスクリプションモデル

多くの業界で増えているビジネスモデル。シェアリングエコノミーが手軽に実現可能になっている。

ファッション業界の進出

まずはファッションだ。女性向けのおしゃれ服や、バッグ、アクセサリー、なんでも月額定額で色々な流行り物をレンタルできるとあって大人気だ。

女性だけではない。月額定額でワイシャツのレンタルできるビジネスもある。月に20着ほど、ピッシリアイロンがけもされたワイシャツが届くのだ。それもデザインも色々混ぜてくれるので飽きもこない。

所有経済→共有経済に向かう。

車も所有しなくなる

車も、所有するのは一定の金持ちだけの趣味のものになり、月額乗り放題システムになってゆくのではないかと思われる。

すでにトヨタでも月額定額サービスが始まっている。日本のトップ企業が参入してるのだから、今後車業界でも広まってゆくことだろう。

僕も次に車を乗り換える時は定額サービスになっているかもしれない。

15.リバース・イノベーション

リバースイノベーションとは、新興国で生まれた技術革新(イノベーション)や、新興国市場向けに開発した製品、経営のアイデアなどを、逆に先進国に導入して世界に普及させるということ。

先進国の技術や商品を新興国へ移転するという従来手法とは逆に、新興国から先進国へ逆流(reverse)させることからその名がついた。

海外の事例を調べることで日本に転用できるモデルが見つかるかもしれないということだ。

16.体験の販売

これは、イベントごと(流行り物でいえばグランピング、あとは牧場の乳搾りとか)などが挙げられる。

他にも、入場料を支払うようなビジネスは基本、このモデルに当てはまるだろう。このモデルに将来性があるのは、ミレニアル世代は「モノ」よりも「経験」つまり「コト消費」を重視する。

最近ではクオリティが高い書店で入場料を支払うモデルなどもある(https://www.google.com/amp/s/amp.review/2018/02/02/admission-fee/amp/

まとめ

ビジネスモデルを16種類ざっと紹介してきた。

何かやりたいビジネスが見つかっただろうか?業種とビジネスモデルには相性があるので、起業アイデアとマッチしたモデルを構築したい。

仕事
スポンサーリンク
タザキをフォローする
サラリーマン副業のススメ