「野球はセンスが8割」論をガチで高校野球やった男が語る

野球

こんにちは。タザキっす。プロフィールでも紹介している通り、私は学生時代、野球を10年間(小3〜高3)やっていました。超ガチです。超ガチガチに野球やっていました。

それだけやったので、中学時代はシニアで5番バッターとして全国大会に出場しています。まあまあすごいでしょ?地元じゃ俺いけるやん。って思ってました。

でも高校は甲子園にいける高校に進んだ結果、レギュラーは取れませんでした。

私の高校野球時代の監督(甲子園ベスト4に連れて言った実績あり)がこんな言葉を言っていました。

「野球はセンスが8割」

そんな僕も、「野球はセンス8割論」を語ります。

野球のセンスが大事

野球はどんなところでセンスが大事になるのかを、私なりの解釈ですが語って行きたいと思います。

体格

まず体格に関しては、「センス」と言っていいのかは分かりませんが、超大事ですよね。

大谷選手なんて2m近くありますが、もし彼が日本の成人男性平均の170cmだったら、今のような活躍できていたと思いますか?

、、、、、多分、厳しいですよね?笑

小柄というか、俊敏なイメージのあるイチロー選手でさえ、実は180cmあります。普段の生活で180cmある人なんてそうそう会いませんよね?180なんて日本人では珍しいです。

松井秀喜選手は186cm、松坂選手も180オーバーです。野球選手は大抵180cmくらいは超えているんです。この時点で、日本人としては相当体格に恵まれていますよね?

なので、生まれ持った体格のセンスは、もっとも重要なセンスの一つだと思います。

守備のセンス

守備もかなりセンスが生きると思います。特に内野手とかキャッチャーかな〜と思っています。野球に限らず球技って、陸上みたいにひたすらまっすぐ走ればいいみたいな競技ではなく、複雑な動作を必要とします。

その動作は、無限の種類があると言えるでしょう。それにうまく対応するためには、コン何秒での判断や、とっさの動きが大事になってきます。3年程度練習し尽くした高校生で、どれだけ差がつくでしょうか?

正直言って、甲子園いける高校でやっていた経験上、入部当時からセンス会った奴に、逆転勝利した選手なんて、ほとんどいませんでした。元々センス会った奴に勝つというのは相当厳しい。

打撃センス

守備力よりは、打撃の方がまだ努力によって巻き返しが可能だと私は思っています。

素振りの数は、努力の数です。とは言っても、ただ回数をこなすだけではいけません。コースや球種の想定、イメージ、タイミングなど、1本1本に集中して振る事が大事です。

そこは置いといて、素振りの数はスイングスピードと関係してきます。

野球のスイングは独特な動きなので、スイングしまくる事が、最もスイングスピードをあげる方法だと思います。

まあそこは置いといて、ひたすら努力してスイングスピードをあげたら、バッティングに置いて相当有利になります。

スイングスピードの速さは、選球する時間の長さ、打球スピードの速さ、とにかくメリットしかありません。ここはある程度、努力でなんとかなる部分だと思います。

走塁センス

ここが一番センスに左右されるかなと個人的には思っています。野球において走塁とは、素人からすれば。ただ塁上を走っているだけに見えるかもしれませんが、経験者からすれば、かなり難しいものです。

進塁、帰塁の判断、ただまっすぐでなく行ったり来たりする走り、盗塁の一瞬の判断など。

特に、ランナー2塁で、シングルヒットでホーム突っ込むかの判断、ランナー3塁の内野ゴロで突っ込むか否か、など。

野手の才能によっても変わってくるので、もはやセンスとしか言えません。

イップスもセンスで直す

実は私は、イップスの経験者です。イップスご存知ですか?経験者なら知っていると思いますが、いわば、「投球障害」のようなものです。精神的な病気ですね。

かのイチロー選手も高校1年生のとき、3年からのプレッシャーが重すぎてイップスになったと言います。しかし、直しました。その秘訣はなんと。。。「センス」でした

こちらが証拠の動画です。

イップスになったイチロー。でも、センスで直したと言っています。

漫画ですが、MAJORの茂野吾郎もイップスになりましたが、やはり治していますね。センスのある人間は、イップスなっても治せるんです。。。。

流れを読むセンス

あとはプレーには見えにくいセンスもあります。

試合の流れを読んだプレーと言いますか、、、ここでバントするとか、ここは勝負して進塁する場面だとか。

たとえアウトになったとしても、ちょっと無理してでも進塁すべき場面ってのはあります。そういう所の見極めも、経験である程度は補えますが、センスが大きいです。

まとめ

センスと一言と言っても、色々なセンスがあります。走塁、打撃、投球。

センスのある人間は、ある一定のレベルの能力というか、「嗅覚」が備わっており、そこは初めての時期に特に影響を及ぼします。

それは自信の有無にも繋がってくるので、学生選手には少なからぬ影響を与えるでしょう。

言い訳のようにはなってしまいますが、野球は努力だけでは埋められないものがあります。それを補う武器を作ることも可能ですが、アドバンテージとしては、大きいものでしょうね。。。

野球
スポンサーリンク
タザキをフォローする
サラリーマン副業のススメ