【勝者の呪い】オークションで勝っても複雑な心境になる理由

オークションの最適な方法とは

オークションと言えば、金持ちがどんどん物を買うためにより金額をコールしてゆくイメージですが、最近ではヤフオクなど庶民にも簡単にオークションに参加できます。

行動経済学の「勝者の呪い」という法則によると、オークションで勝つと必ず勝者には心理的な後悔が残ることになるのです。

勝者の呪い

オークションとは一般に、買い手が価格を競うもの。
最も高い価格を つけた人が落札できる。
その形は実に様々。魚市場の競りや企業のM&A、
事業の入札なども一種のオークションである。
こうしたオークションで、しばしば
問題になるのが「勝者の呪い」
落札者が、「高すぎる価格で買ってしまったのでは」
という疑念に襲われるもの。

もともと、石油の採掘権の入札でよく見られたことから
知られるようになったという。
その仕組みはこうだ。
ライバル社の入札価格がわからない状態で入札 を行い、
一番高い価格をつけた会社がその価格で落札する。
ファーストプライスオークション」と呼ばれるものだ。
ポイントは、油田の本当の価値は
最終的には掘ってみないとわからな いこと。
そのため、一番高い価格をつけた会社は、
「高すぎる価格をつけたのでは………?」
という疑念に襲われるのだ。

いかに勝者の呪いを防ぐか。


ヴィックリーは一連の研究で1996年
ノーベル経済学賞を受賞している。
ファーストプライスオークションの場合
「勝者の呪い」がつきもの。
それを知る入札者は、「勝者の呪い」を恐れて
慎重に入札しようとるかもしれない。
すると、落札価格が低くおさえられることに。
これでは、売り手が困ってしまう。
この問題に対する解決策のひとつを提示したのが、
経済学者ウィリム・ヴィックリー
それは、セカンドプライスオークション。
最高価格を入札した人が
二番目の価格で落札するという仕組みだ。
この場合、最も高い価格をつけた人が落札するのは
ファーストプライスオークションと同じ
ポイントは、落札価格が
常に二番目の価格となること。
そのため、どんなに高い価格で入札しようとも、
周りから一人だけ突出した価格で落札することはない
「勝者の呪い」を心配する必要がなくなるのだ。
であれば、正直が最善の策。
買い手は出してもよい最高額で入札するだろう。
買い手にも、売り手にも、不満は生じにくいオークションとなるのだ。

生活に役立つ行動経済学を学ぶには

2017年、ノーベル経済学賞をとったリチャード・セイラーの著作、「実践・行動経済学」が大変おすすめです。
「心理学×経済学」の交差点にある行動経済学を入門するのに最適な一冊

経済学
スポンサーリンク
タザキをフォローする
サラリーマン副業のススメ

コメント