【ads.text問題】古いサイトを削除したら秒で解決した

ブログ

少し前から、Twitter上でも問題になっていたブログの「ads.text」問題に終止符が打たれました。

いくらサイト上の参考記事を読んで、その通りにしても全く解決されなかったこの問題。

手順を見る限り、そんなに難しいことではないのになぜ私だけ解決しないのだろうと悩んでいました。

Twitterで解決方法を募集した

そんな時にツイートをして心優しきフォロワーさんたちに助けを求めたのです。

いくつかのリプが飛んできます。

ぺち丸さんの教えてくれた記事に書いてあった、テキストエディターも使用しました。結果的に、このエディターを使ったことで、成功に至りました。

そして僕がずっと解決できずにいた最大の原因はスマート伊藤さんのコメントに答えがありました。

結果的に、僕も伊藤さんと同じ原因でダメだったということが原因でした。

そんなのどのブログ記事に書いていなかったYO!

古いサイトがAdsenseに登録されている人は削除しよう

スクショをし忘れて、解決してしまったのですが、

元々こちらの画面の下の方に、過去に作成して消したサイトの情報が登録されたままになっていました。

そのサイトを削除したことで、秒で今まで消えなかった警告が消える結果となりました。

しかもこの時に、一悶着あったのです。

こちらの質問にあるように、最初は古いサイトを削除できませんでした。

サイトを閉鎖したため、サイトリストよりサイトを削除したいのですが、「削除」がグレー表示され、サイトを削除することができません。削除するにはどうしたらよろしいでしょうか?

https://support.google.com/adsense/thread/10659504?hl=ja

これも、アンサーの中に答えがありました。

グレー表示の「削除」の横の「詳細を表示」をクリックしてから、サイトを選ぶと「削除」のリンクがあります。そこで削除できませんか。

「詳細を表示」の先にあるところでは削除ができたので、元の一覧画面に戻り、削除することができました。(削除を2回クリックすることになります。)

そしたら、一瞬でしたね。その瞬間からあの忌々しい警告が消えたのです。

正直、最近ブログのアドセンス収入(クリック単価?)が下がっていたので、これを機会に元に戻ってくれることを願います。

ググるよりもSNSが解決に導いた

今回の問題は、いくらググっても、サイト記事を探しても、解決できませんでしたが、Twitterでちょっと呼びかけただけで、ニッチな情報が入ってきて、解決に至りました。

このように、少し前までは「ググる」ことによって解決していたことが、最近ではその「検索」という行為がブラウザからSNSに移行してきていると感じます。

現に、若い女性は、ファッション情報を「ググる」のではなく「インスタ」などのSNSで検索しています。

SNSの便利を肌で感じた機会になりました。

そして、コメントいただいたスマート伊藤さん、ぺち丸さん、ありがとうございました!

ブログ
スポンサーリンク
タザキをフォローする
サラリーマン副業のススメ