48時間水と塩だけの断食に初チャレンジ!準備食から回復食

どうも、先日、初めての「水と塩だけ断食」に挑戦しました。

きっかけは、あんちゃさんのブログを読んだことです。

初の断食!準備食メニューから3日間断食、回復食までの全記録と体験談。
というわけで、スイーツ依存のわたしが水と塩のみの3日間断食に初挑戦してみた感想と、その全記録をここに残しておきます。 いや~~~本当に濃い時間を過ごしました。。。 こんなに食のことを尊いと思ったの初めてだし、この経験一生忘れません。(笑) 断食前後にどんな食事をしたか、体調の変化、断食中の過ごし方などもろもろまとめまし...

ふむふむ。。。

準備食なるものが必要なのか。そして、回復食と。なるほどね〜

はじめに僕のスペックを載せておきます。

  • 身長172cm
  • 体重58kg

えっとーー、、そうです。もともと痩せ型人間です。笑

ここからさらに痩せるんでしょうか?笑 また、体調はどんな風に変わっていくのか?も興味深いところです。

準備食

まず、いきなり塩と水だけの断食生活とか無理っぽいので、「糖質制限で準備期間」を3日入れてから、水と塩だけで、3日間断食という流れにしたいと思います。

まずは断食3日前の食事から!

朝ごはんは、基本毎日食べません。これは、今だからではなく、もう7年くらいずっと朝飯抜き生活をしています。なので、昼飯と夜飯だけ、紹介していきたいと思います。

こんな感じで初日は、

  • 魚肉ソーセージ
  • ナッツ
  • 野菜

だけで過ごしました。「お腹いっぱい」にはなるのですが、なんか「食べた感」というか、「満足感」というか、、、そういうのが足りない。

やっぱり糖分がないと「満足感」って生まれないのかな?

我慢するコツ

当然、糖分が欲しくなります。

「食べたい!チョコ食べたい!」

って思ったのですが、、、そこは、炭酸水で腹を膨らます!

我慢するコツをもう一つ。それは、「5分」まず我慢してみる

これ、タバコやめられない人とかにも効く方法なんだけど、、、5分とか時間を決めて一定時間我慢すると、その衝動って収まってたりするんですよね。

いつの間にか他のことに集中してたりします。

なので、まずは5分から。我慢してみましょう。

2日目の飯です。昼飯がこんな感じ。

これだけ。。。。夜飯がこれ。

今日も安定の糖質カット生活。そしてやはり今日も、、、

糖質を求めております!

甘いもの、、、甘いもの。。。

しかし今日も、炭酸水で、ごまかしております。

そして3日目です。今日はお弁当で、前日のあまりの野菜炒め(肉なし炒り卵)

明日からは断食なので、前日は肉魚も抜いて、豆や卵などでタンパク質を摂る方針です。

夜飯

夜は最後の飯なので、量多めにいきます。

ここまで3日間過ごして、やはり、糖質を我慢するときのポイントがわかってきました。

3日間の糖質カットの準備期間を経て、いざ、断食期間へ入ります。

水と塩だけ断食

とにかく水を飲む、飲む、飲む。1日に2リットルは飲みます。

さすがに少食の私でも、腹が減ります。とにかく腹が減ります。

なんでもいいから食べたい。もう一度言います

なんでもいいから食べたい!

そして、なんとか24時間断食を乗り越えた感想。

ただいま24時間、断食中
水とノンカフェインの麦茶しか飲んでません
風呂上がりですが、不思議と空腹感はなくなってきました。
そして、いつもならもう9時過ぎの感覚ですが、まだ8時半前。飯食わない分時間が余る
体調に関しては、異常なし。風呂でスッキリしたらイライラもなし
72時間までいく予定

風呂に入ると、不思議と空腹感が和らぐ。

そして、飯の時間がなくなるだけでも「時間が余る」という感覚をもつ。

その日は次の日に向けて眠ることに、、、。

順調に2日目も、正午を過ぎた頃、まさかの事態が訪れる。

そう、次の日に、ご飯を食べる予定ができてしまい、これは、自分一人で勝手にやってる断食なんてストップしてでもそちらを選ぶことを選んだ。

確かに、ご飯をある程度食べなくとも、栄養はサプリでも摂れるし、多少の断食をしても、全く問題はない。だが、食事の役割の1つには「コミュニケーション」もあり、それは他の方法では補えないものだと悟った。

という訳で、それでも当初の目標の72時間を達成することは可能だったのですが、すでに70時間近く断食していたので、「回復食」を挟んで、普通の状態に戻してから、会食に臨みたかった。

まとめと回復食

というわけで、ここで一旦まとめることに。

この後も数時間の断食時間を乗り越えて、48時間、丸2日の感想をまとめました。

  • 「食べたい!」禁断症状は、初日がピークだった
  • ブログなど、作業の集中力は最近なかったくらいアップした
  • 頭が格別クリアになったということはない。あまり変わらず
  • 体も特に軽くはならない。
  • 体が少し痛くなった(塩分が足りなかった?)

思ったことは、やはり断食とかは、専門家の監修の元、やったほうがいいですね。

最初からわかってたことですが、改めて思いました。逆に48時間で止めて置いてよかったかもなー。

ちなみに回復食を食べた時は、まあ感動しました。

とりあえず、消化に良さそうな、バナナと、味噌汁だけをまず食しました。塩分も取れますしね。

咀嚼という行為が相当、久しぶりな感じ

ああ、咀嚼できる喜び。

歯抜けのじじいになって、入れ歯して咀嚼できた時の感覚ってこんな感じなのだろうか、、、!!

もう、咀嚼をすることが感動で、、、!

食べ物を元気な歯で食べれるっていいなあなんて思いました。こんなの人生で初めて。

思考の変化

その日の夜に、珍しく、こんな思考になりました。

マイナス思考でもないけど、あえて「原点思考」と自分では感じている。

「そもそも、〜」や「なぜ〜、?」

といった「普段忙しい生活を送っていると見逃しがちになる疑問」を「久しぶりに思い出した」感じですね。思考が冷静になったのか。

読書に目覚めた

ここ数ヶ月、「読書」から遠ざかっていたんです。でもこの日から、急に読む気持ちに久しぶりになれたんですよね。これも変化と言えば変化です。

いい変化だと思います。

本当に最近、本が読めなくて。でも、ちょうどこの日からですね。これも1つの変化なのか。

とまあ、こんな感じで、準備期間の3日間、水と塩だけの2日間の断食期間の、全記録でした。

最後になりましが、断食は、できれば専門家の監修の元、行ってください。個人で行う場合は、くれぐれも気をつけてください。体に異変を感じたら、すぐにやめてください。ブロガーの皆さんは、

「途中で異変を感じて辞めた」ことでも、むしろコンテンツです。健康が一番大事。

僕は、今後もやるか?と言われたら、「半日断食ならやる」という感じですかね。

半日断食は、夜ご飯食べて、次の日の昼飯まで何も食べないことです。これは、基本、朝ごはん食べないので、ほぼ毎日私は「半日断食」しています。

これが自分には一番あっているのかなあと、感じました。たまになら、「24時間」くらいはyoutube っていいかな、くらい。24時間以上の断食は、よほどのきっかけがないと、今後はやらないですね。

現場からは、以上です!!!!

その他
スポンサーリンク
タザキをフォローする
サラリーマン副業のススメ