これからの働き方と安定とは

AI時代になると人類は、AIにひたすら情報を入力するだけの存在になっているかも知れないと警鐘を鳴らしているのは、「サピエンス全史」で有名なユヴァル・ノア・ハラリ氏である。

彼の新著『21 Lessons for the 21st Century』 では、AIが最も差し迫った問題であると指摘する。

ニューズウィークの記事(https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/10/post-11126.php)では、

ハラリは2つの側面を挙げる。1つは、ロボットが既に純粋な肉体作業ばかりか認知的作業でも人間を上回っていること。もう1つは、人間に残される数少ない仕事は高度なスキルを必要とし、そのために不可欠な訓練は手が届かないほど高額で、かつ受けても無駄だということだ。

本当にロボットに仕事を奪われるのか?

最近よく言われるのは、ロボットに仕事をほとんど奪われてしまうという説だ。

結論から言えば、これは一定の職業をアピールするための誇大広告のようなものだ。

もちろん嘘とまでは言えない、むしろ、本当であるが、大げさであることは確かだ。

接客業

すでに衰退が目に見えている職業から確認しよう。例えば、コンビニの店員なんかは無人化するというニュースがすでに流れているので、それが加速するのは目に見える。

コンビニ以外にも接客業は減って行くだろうと思われます。

ただし、スナックのママのような、人に焦点が当てられた接客は無くならないだろう。

運転手

すでに車の自動化はどんどん進んでますね。発売もされていますし、アメリカの最先端技術はかなりヤバイです。

この10年くらいで随分と一般レベルまで進むでしょうね。

工場労働者

自動化ロボットがどんどん増えるにつれて導入コストも安くなればどこでも機械が導入される。

今工場で働いている人は、10年後同じ仕事をしている可能性は低いでしょう。例え解雇はされなくとも、単純作業でなく、画面で操作する作業になるとか、種類が変わるんのではないだろうか。

発展してゆく市場に身を置こう

そもそも成長する産業に身を置いておけば、そこそこの会社や自分自身の成長度でも、市場全体の勢いで、稼ぎもどんどん増えるだろう。

AI・IT全般

AI、IoT、音声検索、5Gなど、発展しない理由がもはやありません。説明不要。

僕ももっとこっちの世界にどっぷり入るためにプログラミング技術を高めておきたいと思います。

今どきお金もかけずにプログラミングは勉強できます。

もちろんこういった有料のアカデミーもいいと思います。

でもその前に僕なら、ドットインストールとかProgateの無料練習コンテンツを優先的に勉強します。

あとはワードプレス歴は3年ほどあり、HTML.CSSの基礎は実践してきているので、クラウドワークスとかで実践しまくって実力つけてゆく。お金を貯めたら新たなスキルを身につけるためにそらに勉強の投資をする。


このPDCAを愚直に回してくことでだよね

ゲーム・娯楽

生活のための最低限の衣食住は、どんどん当たり前に満たされるようになってきているし、これからさらにそうなるだろう。

そうするとと人々の欲望は限りなく無い物ねだりをするのが人間なので、衣食住が、満たされても次は娯楽にお金をかけるようになる。

その中でも伸びる市場だと期待されているのがゲーム市場だ。

今はゲーマーでも大会で優勝すれば億の賞金がもらえる時代になってきているので、立派な職業だ。

2019年は、eスポーツという言葉がより浸透する年になるだろう。

2024年のオリンピック種目になる?とも言われているほど、世界ではeスポーツが進んでいて、日本は後進国だから、だんだん世界の波に合ってくるのは時間の問題だろう。

どうせゲームするなら、今のうちにYouTubeのゲーム実況ページを作っておいたら数年後凄いことになるかも?

個人の価値を作る

フリーランス、事業主として将来はやっていきたいと考えているなら、今のうちからブログやYouTubeチャンネル、SNS、この3つを作成しておくことをオススメする。

作成だけじゃなくてとっとと更新もどんどんしておく。

デメリットは特にない。

初期費用もかからない。

自分自身に価値がたまってゆく。

会社の仕事が心から大好きだったら何もいうことないが、そうでないなら、考えたほうがいい。

会社で結果を頑張って重ねても、その会社が潰れたらゼロになる。いくら結果重ねても自分で給料も決められない。

安定、安定って言うけど。

個人の力をつけておくことが一番の安定!!!

ぶっちゃけね。

だから、ブログ、SNS、YouTubeはやらない理由がない。

まとめ:一刻も早く個人の発信を始めろ

  • 個人の力をつけて、発信する側になるのが一番の安定
  • デメリットは一つもない
  • 一刻も早くアカウント開設しろ

まぁ、僕的にはこんなライバル増やす行為をしてなんのメリットあるのか分からないほどですよ、、、何か紹介報酬が入るわけでもなし。笑

参考までに僕のこのブログをブックマークしてもらえれば嬉しいです(チラ)

そしてブロガー仲間が増えるのも良いことだからね。まぁ今日はこの辺で!