2018-02

スポンサーリンク
人物

せこどんを倍楽しむ!スッキリ分かる西郷隆盛の生涯とは

大河ドラマせごどんが倍面白くなる。幼少期から、島津斉彬との出会い。そして、慕っていた斉彬の死をきっかけにした入水から、二度の島流しを経験する。禁門の変の活躍、江戸城無血開城にも貢献し、新政府でも重役を担う。最期の西南戦争までボリュームたっぷりの解説。
漫画

白村江の戦い〜壬申の乱

7世紀後半の国内外の大きな戦争、白村江の戦いと壬申の乱について。百済の王子・豊璋(ほうしょう)から日本に百済の復興の依頼を受け、中大兄皇子を中心として出兵するも、唐・新羅の連合軍に完敗。その後天智天皇の後継者争いとして起こったのが壬申の乱。大海人皇子の勝利で天武天皇となる。
漫画

乙巳の変と大化の改新

蘇我氏の専横で崇峻天皇も暗殺。中大兄皇子(天智天皇)と中臣鎌足が共に起こしたクーデター事件、乙巳の変と大化の改新について天智天皇本人が解説。大化の改新の結果、蘇我氏の権力独占から、藤原氏の権力掌握へ転換した歴史上の大事件でした。
漫画

ヤマト政権の遣隋使と、聖徳太子

初の遣隋使は文帝に受け入れられず失敗。第2回目の遣隋使小野妹子の派遣(607年)の前に、冠位十二階の制(603年)や、憲法十七条(604年)などの体制を整えた聖徳太子。そして、遣隋使、遣唐使により国内の体制を倭国は整えていきます。
漫画

古墳時代とヤマト政権

古代のヤマト政権の大王は、巨大な古墳を作らせた。4〜6世紀まで続いた古墳時代に、およそ20万基もの古墳が作られた。大山古墳のような大きなものから、無人島の古墳、蘇我氏の古墳など様々だ。そして、高句麗などの朝鮮半島との戦争も勃発した。
漫画

邪馬台国の歴史と謎に包まれた卑弥呼の生涯とは

古代日本の女王、邪馬台国の卑弥呼は多くの謎に包まれた生涯を送りました。しかしその実態は、呪術の力を保つために幽閉された女王でした。そのため、意外と地味な生涯を送ったのではと、考えられています。死後は、娘の台与が女王を継承しました。
漫画

縄文〜弥生時代のクニができるまで

縄文時代には土器の発明、稲作の登場で、1万年続いた時代が大きく発展した。三内丸山遺跡が代表的な遺跡だ。弥生時代には、稲作が拡大し、ムラ、クニが出来上がる。それによって戦いが生まれ、吉野ヶ里遺跡のような環濠集落が出来上がった。
人物

天草四郎という16歳の少年が一揆のリーダーになれたたった1つの理由

天草四郎は「宣教師のお告げ」でカリスマになった こんにちは、tazakiです。16歳って言ったら今では全然少年ですが、昔で言ったらけっこう大人だったのでしょうか?16歳がカリスマ的な魅力で多くの農民たちを率いた理由は、彼が予言者が予言して...
スポンサーリンク
Translate »
error:Content is protected !!