2018-02

スポンサーリンク
仕事コラム

出張を夜行バスで行った時の準備物と結果

出張で深夜バスを使わなければない人へ こんにちは。夜行バス明けのtazakiっす。ただいま、朝マックにてこれを書いています。 ソーセージマフィンとホットコーヒーS、お薬用のお水ですね。会社の出張で、東京〜名古屋の往復だったので夜行バスはキ...
人物

せこどんを倍楽しむ!スッキリ分かる西郷隆盛の生涯とは

大河ドラマせごどんが倍面白くなる。幼少期から、島津斉彬との出会い。そして、慕っていた斉彬の死をきっかけにした入水から、二度の島流しを経験する。禁門の変の活躍、江戸城無血開城にも貢献し、新政府でも重役を担う。最期の西南戦争までボリュームたっぷりの解説。
マンガで日本史

白村江の戦い〜壬申の乱

7世紀後半の国内外の大きな戦争、白村江の戦いと壬申の乱について。百済の王子・豊璋(ほうしょう)から日本に百済の復興の依頼を受け、中大兄皇子を中心として出兵するも、唐・新羅の連合軍に完敗。その後天智天皇の後継者争いとして起こったのが壬申の乱。大海人皇子の勝利で天武天皇となる。
仕事コラム

【自己防衛にも】実際に使われるワルの説得テクニック3選

説得テクニックを駆使 & 自己防衛にも 心理テクニックは、何も、使うばかりが価値ではない。 知っている事で、相手が使って来た時に、こちらは冷静でいる事ができる。だから自己防衛の為にも、覚えておくと良いかもしれない。 悪の説得テクニッ...
人生コラム

【覆水盆に返らず】大事な選択の前に考えたい事

取り返しがつかないことは、慎重に 基本的には、人生、死なない限りやり直しはきくと思っています。しかし、RPGゲームのように完全なリトライは出来ません。 過去の事実は消えないし、人の心に残った記憶は綺麗には拭き取れないからです。その上で、...
マンガで日本史

乙巳の変と大化の改新

蘇我氏の専横で崇峻天皇も暗殺。中大兄皇子(天智天皇)と中臣鎌足が共に起こしたクーデター事件、乙巳の変と大化の改新について天智天皇本人が解説。大化の改新の結果、蘇我氏の権力独占から、藤原氏の権力掌握へ転換した歴史上の大事件でした。
書評

4人に1人の「内向型人間」の世渡りについて。すごく救われた本。

内向型人間の人生の処世術を書いた本 まず、本日語りたい本はこちらです。 タイトルは『内向型を強みにする。おとなしい人が活躍するためのガイド』です。こちら。 内向型とは まず2種類の人間がいることをはじめに前提として紹介したい。 タイトル...
マンガで日本史

ヤマト政権の遣隋使と、聖徳太子

初の遣隋使は文帝に受け入れられず失敗。第2回目の遣隋使小野妹子の派遣(607年)の前に、冠位十二階の制(603年)や、憲法十七条(604年)などの体制を整えた聖徳太子。そして、遣隋使、遣唐使により国内の体制を倭国は整えていきます。
マンガで日本史

古墳時代とヤマト政権

古代のヤマト政権の大王は、巨大な古墳を作らせた。4〜6世紀まで続いた古墳時代に、およそ20万基もの古墳が作られた。大山古墳のような大きなものから、無人島の古墳、蘇我氏の古墳など様々だ。そして、高句麗などの朝鮮半島との戦争も勃発した。
マンガで日本史

邪馬台国の歴史と謎に包まれた卑弥呼の生涯とは

古代日本の女王、邪馬台国の卑弥呼は多くの謎に包まれた生涯を送りました。しかしその実態は、呪術の力を保つために幽閉された女王でした。そのため、意外と地味な生涯を送ったのではと、考えられています。死後は、娘の台与が女王を継承しました。
スポンサーリンク