2017-02

スポンサーリンク
その他

歴史的!ロゼッタストーンの解読競争秘話

イギリスとフランスによるロゼッタストーン解読競争 ロゼッタストーンとは? 3言語により書かれていた ロゼッタストーンとは、1799年にフランスのナポレオン軍がエジプト遠征の時に発見したものです。 古代エジプトのヒエログリフ(象形...
その他

「黄金の国ジパング」と呼ばれた理由についての考察

なぜ黄金の国ジパングと呼ばれたのか 大航海時代の逸話より コロンブスのアメリカ大陸発見、バスコ・ダ・ガマのインド航路発見など、当時力を持っていたスペインやポルトガルをはじめとする欧州諸国は大航海時代に突入していました。 その波紋が日本...
戦争

関ヶ原の戦いで家康が江戸に1ヶ月も留まった理由

関ヶ原の戦いで三成挙兵後、家康が江戸に留まったのは、敵と味方の見極めのため 豊臣秀吉の死後、五大老と五奉行による政治が運営されていました。そして1600年、上杉景勝の家臣直江兼続による『直江状』による挑発が、関ヶ原の戦いのきっかけとなりま...
生活文化

ポルトガル人による鉄砲伝来の際にどうやって言葉を話したのか?

ポルトガル船には中国人も載っていて筆談で会話ができた 「ポルトガル人が種子島にやってきて鉄砲を伝来した。」 これだけなら歴史の教科書で誰もが勉強してきたことでだと思います。 でもポルトガル人とどうやって意思疎通ををしたか ...
制度

古代の脱税事情

古代にも税制度があったが脱税もあった 古代の『魏志』倭人伝によると、卑弥呼がいた邪馬台国には、税制がありました。5世紀には、天皇や貴族たちは「部民制(べみんせい)」により民たちに税を納めさせていました。 古代の税制度とは 大化の改新に...
生活文化

苗字にも残る藤原氏が日本の歴史に及ぼした大きな影響

藤原氏の影響力は現代にも残っている 日本の歴史において、特に平安時代には藤原氏の影響力は最も大きいものでした。その藤原氏について迫ります。 藤原を元とする苗字はかなり多い 日本の苗字ランキング(2016年9月時点)を見てみると、 ...
人物

毛利元就の長男の苦悩と三本の矢

3本の矢の話は本当にあったのか?長男の思いは 1本の矢では、素手で簡単に折れてしまうが、これを3本束ねれば簡単には折れなくなる。という話です。誰もが一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。戦国大名だった毛利元就が3人の息子たちに話した...
スポンサーリンク
Translate »
error:Content is protected !!