「明日が来て欲しくない」と思う所まで追い込まれたら読んで欲しい

その他

「明日が来て欲しくない」
一度くらいこう思ったことってありませんか。
この記事にたどり着いて読んでいるといいうことは、今はそうであるかはともかく、そういう気持ちが分かる方なのだと思います。

こんな記事を書いている今は、決して良いメンタルの状態ではありません。

職場での負担と疲労。

彼女との関係悪化によるストレス。

とにかく精神的にも体力的にも疲れ切って、疲弊してしまっていることが挙げられます。
こんな時はどうすればいいのだろう。

ブログって、いつも合理的な答えを出したり、人にアドバイスをしたり、良い情報を提供したり解決法を出したりしなければいけないのだろうかと言うと必ずしもそうではないと考えています。

結局は僕は1人の人間で色々な感情を持ちながら生きています。

あなたとは画面でしか繋がっていませんが、ロボットでもなんでもない、血の通った人間です。

もし、この日本のどこかに、今の僕にみたいに心を少し痛めていて休憩が必要な人がいたら、あなたは一人じゃないし、この世界ではちょいちょいあることなんだよって、言いたい。

 

だって、そんなにぬるま湯じゃないよ、この世界は。

 

けっこう、「普通」に生きるだけでも
年齢が上がれば上がるほど大変だし、
不安やプレッシャーも大きくなる。

年齢が上がれば上がるほど、
固定概念にとらわれるとなおさら、

「こうしなければ」

「こうでなければ」

というのが強くなるのかな。

でも、明日は来てしまう。

 

ゲームみたいに、一時停止して休むこともできない。

 

まだ「本当の限界」を迎えていない
とはいえ、「予備軍」の僕たちは、なんとか頑張れてしまう。

だからこそ、一旦待とう。

本当の限界を迎える前に。立ち止まっても良いから休もう。

好きな音楽聴くでも、とにかく寝るでも、なんでもいい。

生き急がない。たまには立ち止まるのも、ありなんじゃないかなぁ。

その他
スポンサーリンク
タザキをフォローする
サラリーマン副業のススメ

コメント